私の手記- memoir -です


by masatokunkeio

190Eと暮らすカーライフ

祖父が出始めの右ハンドル仕様190Eを買ったのが24年前。
譲り受けガレージで眠っていたのが12年間。
孫の私が乗り始めたのが5年前。
全走行距離4万キロ弱。

兎に角、190Eは壊れます。理由は日本車と比較するとですが(笑)。
修理代の総額で軽自動車は確実、もしかするとカローラくらい買えたかもしれません。

軽薄短小ではない物作りが190Eを運転していると伝わってきます。
ハンドル、レバー、ドア、アクセル、スイッチなど。何をとっても「重い」です。

乗り心地も、う〜ん。なんと言いますか、、価格には匹敵していないことは確かです。
また、「ベンツ」という成金的なブランドイメージとは全く正反対の生活をしている者にとって「ベンツマーク」はかなりの「誤解」を周囲に産んでいるだろうとも痛感します。

ならば、すぐにでも廃車にして、私に相応な安価な国産車にすべきだと何百回考えたことか。


ただ1つ困ったことがあります。
どんな車に乗っても、ついつい考えちゃう癖があることです。


「ああ、この内装って飽きるだろうな。」
「あ〜あ、車に運転させられてるなぁ。。。」と


恐らく、メルセデスに限らず外車に乗り慣れている人なら分かるだろう気持ち。


なぜ、壊れるのに、乗り心地が悪いのに、外車に乗ってるの?
そんなに自慢したいの? お金持ちに見られたいの?

少なくとも私は100%、自慢したいともお金持ちに見られたいとも思いません。
国産車にないものがある、絶対にあります。



ハンドルを回すとノイズがありギアに不具合があることを承知の上で
今日も父の乗らないランクルを横目に190Eで外出。
明らかにランクルの方が楽です。

よし、今日はランクルで・・・
と思ってもなぜが190Eのカギを握っている。

運転させられる車には乗りたくない。
日本車は壊れない。乗り心地だって良い。
だけど、
やはり、運転させられる車には乗りたくない。


高級車になればなるほど、車に運転させられることは確実だろう



憧れはクラウンハイブリッド。
家族を後部座席で。。さぞかし楽で快適だろう。

運転は私。車に監視された運転手。暗闇でも人が見える装置。
不適切にボクが目を閉じても、周囲の危険に応じて自動的にかかるブレーキ。

21世紀の車はまさしく確かにこのようなものだろう。


でも、私は
運転させられる車には乗りたくない。
だって、運転するのは人間(ひと)だから。
[PR]
by masatonet | 2009-08-27 23:02 | ヒトリゴト日記