私の手記- memoir -です


by masatokunkeio

−2004.7月下旬−

嵐がやってきた。といってもニュースが騒いでいるだけだろう。レインコートを着るよう勧める母の助言を背に受けつつTシャツのまま出発。目的は非常にどうでもいいこと。そう。発売されたiPodminiを見るためだ。はあ、全くもう、平和の象徴だ。嵐の中わざわざ買いもしない(おもちゃ)を見に行くなんて。しかも、店頭にあるかどうか電話して確認もせず、(見たい!)の一心で出かけた。雨脚はますます早くなり、もはやお出かけを後悔させる勢いに達した。う〜ん負けるモンかと、どうでもいいことに、且つ絶対勝てない相手に試合を挑んだ。結果としてビショビショになった。なんとか店にたどり着いた。なんと拝めたのはポスターだけだった。しかも、発売中のポスターじゃなくて(近日発売)のポスター。 駄目だこりゃ状態!! あきらめてパソコン売り場をあっちこっちハシゴ。中古売り場にさしかかったとき3980円のけなげなマックに目がとまった。うっう、安いよ〜! しかし、今となってはもうゴミ同然のスペック。分解して楽しむといってもなあ、一人でそんなことしても何だが寒いし(>_<)。せいぜい、OS8.6が動くか動かないかの代物なんて、今までそんなマシーンを何度か買って後悔している。結局使えないんだよ。古いコンピューターってのは!!でも、でも、その当時、ウン十万もしたマックが数千円で眼前に転がっているのを見るとなぜか可哀想に見えてしょうがない。なんで、一体誰がこんなことを! かっ、かわいそうじゃないか。 そんなボクが愛する Mac関連雑誌の投稿日記に以前次のような文章が載っていた。
・・・・娘が、あのちっちゃくて可愛かった娘がマックを買った。iMacだ。いや〜実に早い。フォトショップなんてサクサク動く。なんてことだ。しかも聞いてみるとバイト代で(一括払い)で買っている。信じられん。あのマックを、しかもこんなハイスペックマックを一括で買う時代がくるなんて。嘘だ嘘だ。ボクは信じないぞ。結局、娘はボクにはそのマックを使わしてくれない。(だってお父さんは自分の大っきいマック持ってるじゃん)と言う。そうだ。ボクもマックを持っているぞ。しかもまだローンが半分以不残っているじゃないか。使わないといけない。このクワドラを。OSは古の(漢字トーク)。メモリーだって16Mバイトだぞ。凄いだろ!! そうだ値段も百万はしたぞ。(無言) 結局iMacに勝てるのは値段だけか。・・・・(以下略)(注:クワドラと漢字トークを知っている方、貴方はきっと素晴らしいマックフリーカーのお一人です。お暇でしたらメール下さいね(^o^))
[PR]
by masatonet | 2004-07-26 19:54 | ヒトリゴト日記