私の手記- memoir -です


by masatokunkeio

プリウス所有者が語るHONDAのハイブリッド車

さすがに、ホンダFITハイブリッドを試乗しに新車のプリウスで行くのはまずいので(笑)、拙宅で誰も乗っていない遊んでいるランクルーザーで近くのホンダ店舗へ行った。

私「FITのハイブリッドを試乗したいのですが。。。
  えっとそれともう一台ハイブリッドありましたよね、なんだったかな」

営業の方「インサイトですか?」

私「そうそう、インサイト(苦笑)。お願いします」

まず、FITのハイブリッド(グリーン色)に試乗。毎日プリウスに乗ること半年。違いは何か、興味津々。まず第一声。。。

「ハンドル軽い!!」

プリウスのハンドルだって重いわけではない。しかし、FITハイブリッドのハンドルは軽かった。
その後2,3分走って気がついたこと。

1,大体試乗車って、平生乗っている車と違うから若干緊張する。しかし!このFIT!とっても運転しやすい!!! ほとんど緊張することなくテストコースを走ることが出来た。

2,ECONモード(いわゆるエコモード)をOFFにして加速の感じをチェック。
加速は圧倒的にプリウスの勝利。ごく一般の車よりはFITハイブリッドの方が良い感じだが、プリウスに比べると悪い。それとも新型プリウスが良すぎるのか?実際4000CC近い排気量のランクルーザーより愛車プリウスの方が加速が良いくらいだから(笑)。

3,車内は、いわゆる「軽装」。とくに広いという感じもしなく、高級感もない。しかし遊び心満載、20,30歳台をターゲットにした気軽な内装だ。父は顔をゆがめていたが、私はそれほど気にならなかった。世代の違いか。


次に、最初名前が出てこなかった(笑)インサイトハイブリッドに試乗。

第一声
「わ、ハンドル重い!(笑)。外が見づらい(苦笑)」
後部座席は若干狭そうだが、運転席、助手席はFITより広い。営業マンの話だと排気量、燃費ともFIT、インサイト同じだそうだ。明らかにインサイトの方が車両が重いはずだが、?!?である。
加速感もFITハイブリッドより若干良い程度。運転のしやすさは圧倒的にFITハイブリッドだ。
しかし安定感がある。高速走行などではインサートの方が良さそうだ。

「FITハイブリッド運転しやすかったですよ」と私がいうと営業マンも「一番売れた車にハイブリッドを載せたんですから!」と自信満々。
実際試乗してみてホンダの売れ線FIT、侮れないと痛感した。


インテリアで言うと、インサイトは遊びすぎの感じがあった(笑)。面白いメーター機器だ。FITハイブリッドも若者向けのインパネだ。正装と言うよりカジュアルファッションというイメージ。


まとめ


新FITハイブリッドはプリウスをかなり意識しているように感じた。内装、外装等プリウスに比べると「軽い」感じはあるが、ツボを押さえている。両車ベースモデルでプリウスより50万FITの方が安い。「これは売れるな」という感じがした。

プリウスは上手くアクセリングするとほとんどモーターだけで走行可能だが、FITハイブリッドやインサートはそれが出来ない。エンジンは通常の車通りかかっていて加速時にモーターがアシストするIMAというシステム。いかにも「エコ運転している」という実感はゼロ。

今でこそ慣れたが、プリウスはモーター上手に使う運転が出来るようになるまで「慣れ」が必要だろう。「慣れ」ないとスピードが面白いくらい出るのであまり省エネ・エコドライブにならない。しかしFITハイブリッドならその心配は要らない。今までのガソリン車と同じような運転でエコが出来るのだ。ブレーキを踏んで停車するとエンジンが自動的に止まるアイドリングストップが唯一「エコしてます!」と言えるところ。他は、全く通常の車と同じ運転でエコドライブ出来るのだ。

正直言って、こんかい試乗したFITハイブリッド、相当惹かれた(笑)。実際購入して6ヶ月間プリウスに乗っていてもFITハイブリッドは「運転しやすくて、ライトで良い感じ!」がした。しかも安い。気楽にエコが出来る車として人気が出ること必死だ。


果たしてFITハイブリッドでプリウス天下に王手をかけることが出来るだろうか?
プリウス所有者として複雑な心境だ。
[PR]
by masatonet | 2010-10-29 19:34 | ヒトリゴト日記