私の手記- memoir -です


by masatokunkeio

ヒックとドラゴン(ドリームワークスアニメーション)

ヒックとドラゴン(2010年)
米。原作、How to train your Dragon。
ここ10年来流行のフル3Dアニメーション。
やはり人間の表情の不自然さが気になるUSの3Dアニメだが、その飽きさせないストーリー展開と圧倒的なスピード感には脱帽。ドリームワークスアニメーションスタジオ万歳である。
背景のリアリティ、雲や海の水の揺らぎ等、実写と寸分違わない。CGもここまで来たかと思わせる。
ドワーフ(バイキング)達のヒゲや毛皮の服の動きが「現実」以上にリアル。
アメリカンドリームというか、おなじみハッピーエンドであるが、ディズニー作品のように100%ハッピーエンドで無いところがまたニクい!

最近見た3Dアニメーションではトップレベルの作品で一押し。
WoWのレイダーを5年以上している私から見ると、このアニメ中に多く出てくるドワーフたちのデザインはWoWの影響をかなり受けていると感じた。また実際WoWではDragonにMountすることが中心なのでその影響も大かと。WotlkのT7レベルの話とこのヒックとドラゴンの雰囲気がかなりダブって面白かった。おそらくコアなWoWプレーヤーのウケも狙ったのだろう。


2013年にこのヒックとドラゴンの続編が出るようで、今から楽しみだ。
[PR]
by masatonet | 2011-08-16 23:19 | ヒトリゴト日記