私の手記- memoir -です


by masatokunkeio

映画 風と共に去りぬ

第12回アカデミー賞作品 1939年 カラー。
DVD2枚組。200分以上の大作。
いつかは見てみようと思っていたがなかなか見るチャンスがなかった。
クラーク・ゲーブルは2枚目俳優。3本のアカデミー賞作品に出演している。
主役はヴィヴィアン・リー。美しい女性の基軸とも言える。
オリヴィア・デ・ハヴィランドも優しい演技。彼女が東京生まれだったことには驚いた。しかも現在も健在。風と共に去りぬに出演するために一騒ぎしたそうだが、映画中では一転、騒ぎを収める役だったのが滑稽だ。
どの俳優達も圧倒的演技力で、最近よくあるような大スペクタクルや爆発シーン無しに観客を引きつける強力な脚本とキャスティングである名映画だ。
黒人差別色が強い。反ニグロ映画ではないとは言え、要所に出てくる白人至上主義的な描写は今となっては全くいただけない。

いくら多くの男に言い寄られても自分の想った一人の男を振り向かせるために必死になる。
つまり想うようにならないこと自体が想い続けるきっかけになっていて、幻想を追い求めているヒロインの姿がなんとも悲哀に満ちている。
自分にとって一番大切なものはすでに自分の周りにあるにも関わらずそれを見ようとはせず、恋の幻惑をさまよい続ける。
最後には、風と共にすべてが去って行く。
しかしそれをただ泣きながら見つめるのではなく、また希望を求めて大地に根を下ろす。
極めてメッセージ性の高い作品である。
[PR]
by masatonet | 2011-09-14 09:51 | ヒトリゴト日記