私の手記- memoir -です


by masatokunkeio

映画 裏窓

米 カラー。1954年
ヒッチコックのサスペンス映画
全てセット。明らかに「人工的に作り上げた風景」の中だけで物語が進んでいく。
自室から全く動けない主役ジェフこと、ジェームズ・ステュアートが退屈しのぎに窓の外から見える近所の人たちのドラマを想像力働かせて見ていくストーリー。

一見、単なる「のぞき」もので退屈そうだが、実際は結構引きつける。
ヒロインのリザをグレース・ケリーが演じているので、女優の「美」は100点。さすがモナコ王妃になっただけはある。ただ、いくらヒッチコックのお気に入りだったとは言え、彼女の美しさはこの映画だけだと100%発揮できていない感がある。

映画の後半はストーリー展開も速まり、身動き取れない主役の代わりにヒロインが動き回る。

しかも、ただ「高みの見物」に終わらず、スリル感が程よくあり、見ていて面白い。
2枚目俳優と世紀の美女のクールな恋物語というサイドストーリーも味な物だ。
[PR]
by masatonet | 2011-09-20 23:58 | ヒトリゴト日記