私の手記- memoir -です


by masatokunkeio

運転する楽しさをありがとう、新型プリウス

今年の一月末に我が家にやって来た新型プリウスだが、早くも新車一ヶ月点検のお知らせハガキが届いた。
b0063673_22191002.jpeg
ま、とにかく今回のプリウスは実にメルセデスを手放して以来初めての「運転が楽しいクルマ」であることは間違いない。その走行距離が物語っている。
新車を購入してわずか一ヶ月でまさか10000キロは走っていないが(下取りのプリウスαは3年足らず乗って全走行距離が16000キロだったことを考えると思わず吹き出しそうになる)軽く3000キロ以上はわずか一ヶ月で走ったわけであるから我ながら驚きである。しかも、独りでワガママに走っているわけでなく家人やらなにやら(笑)を乗せて走っているわけだから、我が家にとっても、まさにメルセデスベンツ以来の「走らせるクルマ」がやって来た事になる。

一つ言えることは

まあ、当たり前の事かもしれないが、


クルマは運転が楽しくないといけない



ということである。まあ、自動車の自動運転まであと少しの時代になってきているのだが、クルマを運転するという行為が如何に人間の外的感覚を広げているか、しかもそれを楽しいと思わせるような感覚のクルマが如何に作れるかが、今世紀、量産型自動運転のクルマ誕生までの、自動車会社に託されたものだろう。

チラホラ、新車プリウスを見かけるようになった。我が家と同じホワイトパール色もポチポチ見かけるが、圧倒的に多いのは黒色である。もちろんツーリングセレクション車は少ない。まあ絶対量がまだ少ないからあまり見かけないのだろうし、そもそも地方都市だから、納車まで半年待ちとかいう車はまだまだ目立つ。
b0063673_22234763.jpeg
路傍に停止してナビ等を操作していると、特におじさん達がジロジロ見ている。たぶんプリウスのユーザーなのだろうか(笑)、とくにテールランプのデザインを見るや否や「ウヘェ〜」という顔をするおじさんが多い、多い(笑)。個人的にはテールランプのデザインが購入の最大のポイントになったこともあり、「へへ、この極めて新すぎるデザイン、ついて行けないだろう!」と悦になるところである。


ツーリングセレクションの17インチタイヤが効いているのだろうが、ハンドリングが機敏である。ふわぁ〜と曲がるという感じはなく、カックンと曲がる感じが強い。流石にレース車のようにはいかないが、街乗りでしかも家族やらを乗せる訳だから、この辺りがギリギリだろう。

特に高速走行が、やはり、相当違う。
静寂性でいうとプリウスαがダントツだったが、安定性でいうと今回の新型プリウスは圧倒的である。時速150キロ程度でもほとんどブレない。メルセデスのような「地面に張り付いたような操舵感」に一歩ずつ近づいてきているのがなんとも嬉しいが、もちろんベンツのようにとはいかない。しかし130キロ程度なら全く問題なく片手2本指程度で高速運転できた。6年前にプリウスに乗り換えた時は時速100キロを超えるとなんだが車体が飛び上がって行きそうな絶対的な不安感に包まれ続けていたがプリウスαになってようやく100〜110キロ位出せるようになったと喜んでいた所に、今回の新型である。加速がかなり違うので、ノーマルモードでもアクセルを踏み込めば数秒で時速120キロまで伸びてゆく。アクセル感が若干ヌルッとしているが、スポーツ車ではない事を考えると、全く脅威だ。市街地でも加速が良いのでガンガン追い抜ける。すると燃費がとっても悪くなるのが元来のプリウスなのだが、燃費計を見ると24リッターとなっていて恐ろしくなってくるのがこの新型プリウスだ。

特に良いところは、運転が楽しくても高速でスピードの出し過ぎにならないところだろうか(爆)。メルセデスならやはり時速130キロから「よし!行きましょうか!!」という感じになっていたのだが、今回の新型プリウスは時速130キロくらいが一番走り良い、、、、とは言っても違反!免停スピードなので、実際は90キロから100キロ程度で概ね走っている、、、すると軽自動車にバンバン抜かされるが(爆)

本当に走り良い事この上ない。
トヨタ自動車の社長がテストコースでこの新型プリウスで走り続けていた気持ちも分かる。


新型プリウスは、ホント良い車になった。


今秋くらいから新型プリウスで街中が溢れ始めるだろう。


ご購入者の皆さん、くれぐれも安全運転を!!
(爆)

[PR]
by masatonet | 2016-02-24 22:19