PowerBook G5の登場をはばむものは何か

 Apple Computerにとって、G5チップを搭載したPowerBookをリリースすることは、引き続き重大な課題となっている。
 Appleの顧客は、同社からPowerBook G5が発表されるのを長い間待ち続けている。パワフルなG5チップは、2003年にPower Macシリーズに初めて搭載され、昨年からはiMacにも採用されている。

 同社はMacファンがG5 PowerBookを望んでいることを十分承知しており、技術的にもすでに実現可能な段階にある。しかし、IBM PowerPC 970FXプロセッサ(Appleでは、970FXとその前身である970を「G5」と呼んでいる)が比較的大量の電力を消費することを考えると、G5を積んだPowerBookはサイズや重量、ノイズなどの点で妥協せざるを得なくなるだろう。しかし、Appleにとって、またおそらく大半の顧客にとって、これは受け入れ難いことだ。

 「G5チップを搭載したノートPCは、ぶ厚くて重いものとなり、だれもが逃げ出すほど大きなノイズを発生するだろう」とMicroprocessor Report編集長のKevin Krewellは述べている。「Appleが製品の設計に関してそうした選択肢を選ぶとは思えない」(Krewell)

 Appleもこの設計上の課題を認めている。

 AppleのDavid Moody(ワールドワイドMac製品マーケティング担当バイスプレジデント)は米国時間1月31日、CNET News.comに対し、「PowerBookのような薄くて軽いノートPCにG5を搭載することは極めて困難だと言っても過言ではない」と述べた。

 Appleは31日に、待ち望まれていたG5 PowerBookではなく、これまでよりも若干高速なG4プロセッサを搭載したPowerBookの新シリーズを発表した。この新モデルでは搭載するメモリ容量も増え、トラックパッドスクロールや、マシンの落下時にPowerBookのハードディスクを守るモーションセンサなどの新機能も追加された。Moodyは、新しいPowerBookがG5移行前の最後のマイナーチェンジになるかどうかについては口を閉ざし、PowerBook G5の発売時期に関しても詳細も明かさなかった。

何がPowerBook G5の登場を阻んでいるのか

 G5を積んだPowerBookの登場が遅れている最大の原因はチップそのものにある。IBMの技術資料によると、同チップの消費電力は2.5GHz動作時(電圧は1.3ボルト)で最大100ワットとなっているが、これはノートPCとしてはかなりの消費量だ。しかし、クロックスピードを下げる、もしくはクロックスピードと電圧の両方を下げることで消費電力は抑えられるという。

 IBMの関係者は、Power PC 970チップシリーズに関する同社の計画についてコメントを差し控え、またその後の技術資料に関する問い合わせにも回答していない。

 ただし、電力消費量が100ワットのチップをノートPCに搭載できないというわけでもない。たとえば、DellのInspiron XPSは、デスクトップPC用に設計されたIntelの3.4GHz Pentium 4 Extreme Editionプロセッサを搭載している。Intelの熱設計ガイドラインでは、同チップを搭載するコンピュータに対し、110ワット近辺で動作するチップに対応した放熱能力を要求している。
 しかし、15.4インチのワイド画面を搭載したDellのこのマシンは、高さが5cmと比較的厚めで、重量もCDドライブとバッテリ装着時で4kg強ある。これに対し、Appleの17インチPowerBookは、高さ約2.6cmで、重量はCDドライブとバッテリを装着しても約3.13kgしかない(Appleの12インチPowerBookの場合、高さは3.0cmで重量は約2.09kg、また15インチモデルは高さ2.8cmで重量は約2.54kg)。ちなみに、Pentium Mと17インチ画面を搭載するDellのInspiron 9200は高さが4.06cmで重量は3.49kgとなっている。

 したがって、Appleが典型的なサイズのPowerBookのきょう体にG5を収めるには、G5の速度を落として現行のモバイルG4チップより低クロックで動作せるか(それでもG4の方が消費電力が低い)、ノートPCを大型化して高性能(かつ音の大きい)冷却ファンを装備するしかない、とMicroprocessor ReportのKrewellは述べている。

 Appleの最新技術を望む顧客にとって、長く待たされることは苦痛かもしれないが、同社はあくまでも低消費電力版G5チップの登場を待つ可能性が高い。今年中に登場する可能性もあるこの低消費電力チップなら、消費電力も発熱も低く抑えられるものと思われ、典型的なPowerBookの薄型シャシーに収められるようになる。

 AppleMattersというブログを運営し、iPodに関する書籍を発行した経験もあるHadley Sternは、美しさは重要な要素だと言う。

 同氏は、さらに強力なPowerBookには興味を引かれるが、「G5 PowerBookが現行のきょう体よりかなり大きくなってしまったら購入を控えると思う。私は12インチPowerBookを、主に文書の作成と電子メールのチェックやウェブサーフィンに使っている。私はG4プロセッサで十分作業できるし、デザイン作業をするときは(デュアルプロセッサ搭載の)PowerMac G5を使う」と述べている。

 Chris Hollandというもう1人の有名なMacブロガーは、G5 PowerBookの登場を熱望しているのはG4の購入を控えているMacファンたちだと語る。

 「MacコミュニティはG5搭載PowerBookをかなり熱望しているようだが、G3システムからの買い換えを狙う人が多いことを考えれば、これは優れたコストパフォーマンスを求めるごくふつうの慎重な態度だと合理的に説明できる」(Holland)

 PowerBookにG5を採用する際は、IBMが導入している新しいチップ製造技術が救世主になるかもしれない。Krewellによると、同社のチップ事業部は今年中に低消費電力版のPowerPC 970を発売する見通しだという。

 同チップの製造工程の1つでは、ストレインドシリコンという製造技術に新たな工夫が加えられている。この製造技術は、チップ上の超小型オン/オフスイッチであるトランジスタを高速化してパフォーマンスを向上させるというもので、この工夫によりチップのパフォーマンスが向上し、同時に消費電力も減少する。


道のりはすでに半ばまで
 Krewellによると、IBMはノートPCへの970採用を目指し、ストレインドシリコンを可能な限り早急に製造ラインに取り入れようと積極的な努力を続けているという。

 「今年半ばまでに何らかの動きがあることは十分考えられる。ただし、消費電力を40ワット近辺に持って行くことは難問だと思う。また、そこ(40ワット近辺)まで電力消費量が下がったとしても、Appleの美意識に合致した重量や性能、バッテリ寿命を実現するのは難しいだろう。現時点でG5がPowerBookに採用されていないのは、こうした問題があるからだ」(Krewell)

 AppleはすでにG5チップを厚さ約5 cmのiMac G5に搭載していることから、PowerBook G5実現まであと半分のところまで達しているとの見方もできる。しかしAppleの幹部は、きょう体を設計する上で、残りの数センチが非常に難しいと慎重な構えを見せている。昨年8月に登場したiMac G5は、17インチPowerBookと比べてまだ約2倍の厚さがある、とAppleのGreg Joswiak(ハードウェアマーケティング担当バイスプレジデント)は述べている。

 「PowerBookのきょう体でG5を冷却するほうがはるかに難しい」(Joswiak)

 このようなことから、今年中にはAppleがPowerBook G5を投入してくるとの話が各方面から出る一方で、もう少し時間がかかるとの見方も出ている。Jupiter ResearchのアナリストMichael Gartenbergは、PowerBook G5が2005年中に出たら驚きだと述べている。

 「PowerBook G5はいずれ登場するだろう。だが、多くの人が望むほど簡単には出てこない。AppleはPowerBookについて、携行時の外観や操作性全般を維持することにこだわっており、G5チップを箱に詰めて取っ手を付けただけでは済まないからだ」(Gartenberg)

 「Appleは応急措置を施すのではなく、ユーザーの経験全体を徹底的に追求している」(Gartenberg)
[PR]
by masatonet | 2005-02-03 20:32 | Macフリーカー