私の手記- memoir -です


by masatokunkeio

私のカメラ歴

祖父のNikon F2をおもちゃにして育つ。レンズは30年以上経っても、今なお現役の35mmのF1.4。
中学時アメリカへホームステイする際、CanonのAutoBoy2を購入。
その後、京セラの「サムライ」というカメラにはまる。
高校時、祖父のF2を手に写真部を制圧する(勝手な想像)。
大学時、写真とは一切縁が切れる。
ちょうどその頃、父がライカM6を衝動買い。ズミクロン50mmF2とM6をちょこっと借りて愛犬を「エクターフィルム」を使って撮影後、その撮影した写真を見ると、「愛犬の目の中にライカで撮影している自分の姿が写っている」ことに驚愕し、8年ぶりにカメラ熱が復活。

イタリア(2001年/初回)へ行く際、メモリーが高い当時、CDに直接記録が出来るSonyのMavica300(マビカ)を購入。千枚以上撮影した。CDに直接記録が出来るという画期的なカメラであったが、T*コーティング無しのCarl ZeissレンズはZeissの名だけで写りもイマイチ。何度も故障し、修理総額九万円を超す。国内撮影旅行数十回、及び中国、メキシコの旅で使う。その後写真管理、補正、出力のEasyさから、デジタルカメラアレルギーが完全に無くなる。

メモリー価格が下がったのを機に、以前からの憧れT*コーティングがあるContax SL300RT*を購入。
Contax SL300RT*を手に中国へ2回行く。

撮影スタイルから超広角と望遠がほしいと思い続けたあげく、そして父がM6を使っていたのを横目で見ていた故、ライカレンズへの羨望を捨てきれず、PanasonicのLumix DMC-FZ20 を購入しオランダ、フランス、そしてイギリスを旅する。また中国への4回目の渡航も共にした。

京セラのカメラ部門撤退ニュースにて、長年の夢であったContaxG1ユーザーの道が絶たれる。
その直後、在庫処分であった新品Contax TVS DIGITALを3万円弱にて購入。撮影がきわめて難しいカメラであることを認識する。

イタリア(2007年/2回目)の際、良品の価格がそろそろ下がってきたデジタル一眼レフの購入を考える。往年のニッコールレンズを楽に使え、コストパフォーマンスに優れたNikon D200を購入。同時にVR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6レンズも購入。出発直前になりCarl Zeiss Planar T * 1.4/50とCarl Zeiss Distagon T * 2.8/25がNikonマウントで使えることを発見し(時勢にかなり遅れている)、即購入。Carl Zeissレンズ用にと、マニュアルの使い勝手が悪いことを知りつつNikon D40を購入。

現在、3万枚以上の写真(2001年以降に撮影したもの)を整理しつつ、D40にSigma 10-20mm F4-5.6 EX DC /HSMをつけて遊び中。

これから欲しいカメラ、及びレンズは次の通り。(夢ですが、、。)
Nikon F6
Nikon D3
Nikon D300
LEICA M8
LEICA M3
Nikon AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G(IF)
Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED
Carl Zeiss Makro Planar T* 2/100 ZF
Carl Zeiss Planar T * 1.4/85 ZF
Sigma 30mm F1.4 EX DC /HSM
[PR]
by masatonet | 2007-09-22 21:32 | 写真(Photo)