カテゴリ:Macフリーカー( 45 )

 Microsoftの新型ゲーム機に対応するスタイリッシュなビデオゲームの映像は、Xbox 360システムで動いているものではない。Microsoftは米国時間13日、Xbox 360のデモがAppleのマシン上で動いていることを正式に認めた。
 「われわれはAppleのG5マシンを大量に購入したが、これは今後登場してくるXboxの製品やサービスを支える一部の技術をエミュレートできる特殊なハードウェアコンポーネントがこれらのマシンに搭載されているためだ」と、Microsoftの広報担当者は声明のなかで述べている。「これはあくまで暫定的な開発ツールで、将来はもっと強力で包括的なソリューションに置き換える」(同広報担当)

 製品発表会で披露された現在のシステムは試作機で、完成品は年末までに北米、欧州、アジアの3つの主要地域で発売になると見られている。

 Xbox 360の価格はまだ発表されていないが、Microsoft幹部らはロサンゼルスで今週開催されるE3ゲームカンファレンスまで明らかにしないと述べている。

 20Gバイトのハードディスク、DVD-ROMドライブ、500MHzのATI製GPUなど、同ゲーム機の詳細は一部がすでに明らかにされているが、その他の点については同カンファレンス開催中に発表されることになる。また、年末までにはXbox 360向けに最大40本のタイトルが発表されるという。

 同社によると、Xbox 360には、Appleのコンピュータと同じくIBMのPowerPCアーキテクチャをベースにしたチップが搭載されている。ただしXbox 360の場合は、3.2GHzの対称コア3基を採用しているという。Appleは1994年からPowerPCを採用しており、同社CEO(最高経営責任者)のSteve JobsはIBMのPowerPCチップファミリーに非常に満足していると述べている。

 Microsoftは、初代XboxではIntel製チップを採用していたが、Xbox 360にはIBMのPower技術をベースにした独自のカスタムチップを積んでいる。元記事はこちら
[PR]
by masatonet | 2005-05-16 18:57 | Macフリーカー
 Apple Computerにとって、G5チップを搭載したPowerBookをリリースすることは、引き続き重大な課題となっている。
 Appleの顧客は、同社からPowerBook G5が発表されるのを長い間待ち続けている。パワフルなG5チップは、2003年にPower Macシリーズに初めて搭載され、昨年からはiMacにも採用されている。

 同社はMacファンがG5 PowerBookを望んでいることを十分承知しており、技術的にもすでに実現可能な段階にある。しかし、IBM PowerPC 970FXプロセッサ(Appleでは、970FXとその前身である970を「G5」と呼んでいる)が比較的大量の電力を消費することを考えると、G5を積んだPowerBookはサイズや重量、ノイズなどの点で妥協せざるを得なくなるだろう。しかし、Appleにとって、またおそらく大半の顧客にとって、これは受け入れ難いことだ。

 「G5チップを搭載したノートPCは、ぶ厚くて重いものとなり、だれもが逃げ出すほど大きなノイズを発生するだろう」とMicroprocessor Report編集長のKevin Krewellは述べている。「Appleが製品の設計に関してそうした選択肢を選ぶとは思えない」(Krewell)

 Appleもこの設計上の課題を認めている。

 AppleのDavid Moody(ワールドワイドMac製品マーケティング担当バイスプレジデント)は米国時間1月31日、CNET News.comに対し、「PowerBookのような薄くて軽いノートPCにG5を搭載することは極めて困難だと言っても過言ではない」と述べた。

 Appleは31日に、待ち望まれていたG5 PowerBookではなく、これまでよりも若干高速なG4プロセッサを搭載したPowerBookの新シリーズを発表した。この新モデルでは搭載するメモリ容量も増え、トラックパッドスクロールや、マシンの落下時にPowerBookのハードディスクを守るモーションセンサなどの新機能も追加された。Moodyは、新しいPowerBookがG5移行前の最後のマイナーチェンジになるかどうかについては口を閉ざし、PowerBook G5の発売時期に関しても詳細も明かさなかった。

何がPowerBook G5の登場を阻んでいるのか

 G5を積んだPowerBookの登場が遅れている最大の原因はチップそのものにある。IBMの技術資料によると、同チップの消費電力は2.5GHz動作時(電圧は1.3ボルト)で最大100ワットとなっているが、これはノートPCとしてはかなりの消費量だ。しかし、クロックスピードを下げる、もしくはクロックスピードと電圧の両方を下げることで消費電力は抑えられるという。

 IBMの関係者は、Power PC 970チップシリーズに関する同社の計画についてコメントを差し控え、またその後の技術資料に関する問い合わせにも回答していない。

 ただし、電力消費量が100ワットのチップをノートPCに搭載できないというわけでもない。たとえば、DellのInspiron XPSは、デスクトップPC用に設計されたIntelの3.4GHz Pentium 4 Extreme Editionプロセッサを搭載している。Intelの熱設計ガイドラインでは、同チップを搭載するコンピュータに対し、110ワット近辺で動作するチップに対応した放熱能力を要求している。
 しかし、15.4インチのワイド画面を搭載したDellのこのマシンは、高さが5cmと比較的厚めで、重量もCDドライブとバッテリ装着時で4kg強ある。これに対し、Appleの17インチPowerBookは、高さ約2.6cmで、重量はCDドライブとバッテリを装着しても約3.13kgしかない(Appleの12インチPowerBookの場合、高さは3.0cmで重量は約2.09kg、また15インチモデルは高さ2.8cmで重量は約2.54kg)。ちなみに、Pentium Mと17インチ画面を搭載するDellのInspiron 9200は高さが4.06cmで重量は3.49kgとなっている。

 したがって、Appleが典型的なサイズのPowerBookのきょう体にG5を収めるには、G5の速度を落として現行のモバイルG4チップより低クロックで動作せるか(それでもG4の方が消費電力が低い)、ノートPCを大型化して高性能(かつ音の大きい)冷却ファンを装備するしかない、とMicroprocessor ReportのKrewellは述べている。

 Appleの最新技術を望む顧客にとって、長く待たされることは苦痛かもしれないが、同社はあくまでも低消費電力版G5チップの登場を待つ可能性が高い。今年中に登場する可能性もあるこの低消費電力チップなら、消費電力も発熱も低く抑えられるものと思われ、典型的なPowerBookの薄型シャシーに収められるようになる。

 AppleMattersというブログを運営し、iPodに関する書籍を発行した経験もあるHadley Sternは、美しさは重要な要素だと言う。

 同氏は、さらに強力なPowerBookには興味を引かれるが、「G5 PowerBookが現行のきょう体よりかなり大きくなってしまったら購入を控えると思う。私は12インチPowerBookを、主に文書の作成と電子メールのチェックやウェブサーフィンに使っている。私はG4プロセッサで十分作業できるし、デザイン作業をするときは(デュアルプロセッサ搭載の)PowerMac G5を使う」と述べている。

 Chris Hollandというもう1人の有名なMacブロガーは、G5 PowerBookの登場を熱望しているのはG4の購入を控えているMacファンたちだと語る。

 「MacコミュニティはG5搭載PowerBookをかなり熱望しているようだが、G3システムからの買い換えを狙う人が多いことを考えれば、これは優れたコストパフォーマンスを求めるごくふつうの慎重な態度だと合理的に説明できる」(Holland)

 PowerBookにG5を採用する際は、IBMが導入している新しいチップ製造技術が救世主になるかもしれない。Krewellによると、同社のチップ事業部は今年中に低消費電力版のPowerPC 970を発売する見通しだという。

 同チップの製造工程の1つでは、ストレインドシリコンという製造技術に新たな工夫が加えられている。この製造技術は、チップ上の超小型オン/オフスイッチであるトランジスタを高速化してパフォーマンスを向上させるというもので、この工夫によりチップのパフォーマンスが向上し、同時に消費電力も減少する。


道のりはすでに半ばまで
 Krewellによると、IBMはノートPCへの970採用を目指し、ストレインドシリコンを可能な限り早急に製造ラインに取り入れようと積極的な努力を続けているという。

 「今年半ばまでに何らかの動きがあることは十分考えられる。ただし、消費電力を40ワット近辺に持って行くことは難問だと思う。また、そこ(40ワット近辺)まで電力消費量が下がったとしても、Appleの美意識に合致した重量や性能、バッテリ寿命を実現するのは難しいだろう。現時点でG5がPowerBookに採用されていないのは、こうした問題があるからだ」(Krewell)

 AppleはすでにG5チップを厚さ約5 cmのiMac G5に搭載していることから、PowerBook G5実現まであと半分のところまで達しているとの見方もできる。しかしAppleの幹部は、きょう体を設計する上で、残りの数センチが非常に難しいと慎重な構えを見せている。昨年8月に登場したiMac G5は、17インチPowerBookと比べてまだ約2倍の厚さがある、とAppleのGreg Joswiak(ハードウェアマーケティング担当バイスプレジデント)は述べている。

 「PowerBookのきょう体でG5を冷却するほうがはるかに難しい」(Joswiak)

 このようなことから、今年中にはAppleがPowerBook G5を投入してくるとの話が各方面から出る一方で、もう少し時間がかかるとの見方も出ている。Jupiter ResearchのアナリストMichael Gartenbergは、PowerBook G5が2005年中に出たら驚きだと述べている。

 「PowerBook G5はいずれ登場するだろう。だが、多くの人が望むほど簡単には出てこない。AppleはPowerBookについて、携行時の外観や操作性全般を維持することにこだわっており、G5チップを箱に詰めて取っ手を付けただけでは済まないからだ」(Gartenberg)

 「Appleは応急措置を施すのではなく、ユーザーの経験全体を徹底的に追求している」(Gartenberg)
[PR]
by masatonet | 2005-02-03 20:32 | Macフリーカー

iPod shuffle 1G を購入!!

先程、新製品の「iPod Shuffle」を買って参りました。(^o^) 1Gです。
緑の箱に、実物が見えるように入っていた、iPod Shuffle。

「うわ〜 小さいなあ(*^_^*)」

というのが第一印象。小生が持っているフラッシュメモリー32Mと比較すると、一回り大きいが、iPod Shuffle本体の表には「再生・ポーズ」「音量調節 +と-」「REW・FF」のボタンが非常にシンプルに円周上に列んでいるだけ。良いデザインだ。

また、iPod Shuffleの裏面はスライド式スイッチで「on」「順番再生」「シャッフル再生」があり、あとは、「バッテリーの残量チェック用のボタン(これがちょっと小さい気がします)」があるだけ。もちろん、液晶はない! 兎に角、「必要最低限」の機能しか持っていない。
USB接続なので、早速、かつ、手軽にパソコンに接続してみた。
すると、当然ながら「iTune4」が立ち上がり、iPod Shuffleを認識した。

この時、iPod Shuffle専用と思われる「オートフィル」というボタンが現れた。

この「オートフィル」とは、iTuneで作ったプレイリストを選び、その「オートフィル」というボタンを押すことで、自動的に、そのプレイリストのみをiPod Shuffleへ転送するというものだ。

しかし、オートフィルは、それだけではない。プレイリスト内からランダムに曲を取り込んだり、同じ曲名は取り込まなかったり、またiPod Shuffleの容量によって自動的にプレイリストから曲を選んで「フィル(iPod Shuffleの容量一杯まで曲を記録)」してくれるのだ。これだけでも素晴らしいのに、、、
さらに、メニューバーから「環境設定」を選び、そのウインドウの中からiPodを選んだら、な、なんとiPod Shuffle専用の設定が出来る。

そこに、感動的な機能を発見!

「ビットレートの高い曲をこのiPod用に128kbpsAACに変換する」

というチェックボタンがあるではないか!!!!!! いや〜流石Apple、 流石ジョブス!!??
これは素晴らしい機能だ。特に私のようにパソコン本体には320kbpsを越えるような「ビットレートの高い曲」をたくさん持つ者としては「非常にありがたい機能」だ。確かに音は悪くなるが、たくさんの音楽を「手軽に変換してiPod Shuffleに入れることが出来る」のだ。

確かに相当圧縮するようで、iPod Shuffle用に私のiTuneミュージックライブラリー約80Gの中から選んだ「選りすぐりの曲は230曲」で容量は、変換前で「3G弱」これでは駄目ではないか、、、と思っていたら、この

「ビットレートの高い曲をこのiPod用に128kbpsAACに変換する」

のチェックボタンをONにしてiPod Shuffleを「オートフィル」したら、なんと982Mだったのだ。いや〜感動である。す、すばらしい!!

ただ、悲しいことは、このiPod Shuffle、USB2.0に対応しているが、小生のマックは2.0に対応していないので、その曲のアップデートが「めちゃくちゃ時間が掛かる」のである。
と、まあ、この記事を書いている最中も、また、アップデートが終わらない(>_<)

「iPod Shuffle、買って良かった!!!」と思った最近の逸品である。
[PR]
by masatonet | 2005-01-30 22:58 | Macフリーカー
ジャパニーズ マックフリーカーb0063673_2212936.jpg
原作2002.6 改訂2004.9

 かれこれ18年以上も前のことだ。私はすでにブラウン管に写るコンピューターの文字の虜になっていた。黒い画面に映る白か緑の文字。それを見て、いろんな想像力を働かせながら(自称プログラミング)をしていた。しかし当時のGUI無しの画面では英語が必ず必要だ。それもあって、あくまで(自称)と付けたのだ。まだ小学生だった私にはテクニカルタームがほとんどの英語といい、またプログラミング用語といい、ちんぷんかんぷんであったのは言うまでもない。しかし、まだ高級言語でのプログラムだったら多少は頑張ってやっていたように思う。
 当時は8ビット以下のマシンが主流。メモリも128Kとか。5インチ(3.5インチディスクのように堅くなく、黒くてペラペラのディスク)フロッピーが付いているのは高価なマシン。大体カセットテープが記録媒体の主流を占めていた。それも、いったんLoadやSaveとタイプしたら(クックンクックン)なんて音を立てながら読み書きをするので(早いとか遅いとか、スペックがどうのこうのとか言う次元を遙かに超越した)アナログそのものの世界。へたをすると、ごく簡単な一つの作業を終わらせるのに丸2日かかることなんてよくある話。
 Loadの音とSaveの音は微妙に違う。またディスクエラーの時の音も違う。テープの場合はもっと微妙。くるくる回って頭出しをし、ようやく再生。何度も何度もLoad(読み込み)に失敗。また、Save(書き込み)で、きちんと記録(いわゆる録音)されているかどうか不安でしょうがない。そんな毎日だった。しかも、白黒か、よくて単色(赤、緑、黄色、青)の画面。後はユーザーのイマジネーションが全てだった。そんな中、今となっては死語の(パソコン通信)なんてものが流行っていた。(こんにちは。元気ですか? ボクは元気です)程度の文章(もちろん全文カタカナかローマ字(英語)のまま)を送るのに四苦八苦。音響カプラだとかいう感動的な装置を、驚く無かれ、電話の受話器に取り付けて通信をする。つまり、まずダイヤルをして(おい、今から始めるぞ)という会話を肉声で行った後、相手と此方が両者同時に受話器に音響カプラを付けるのである。なっなんとケナゲナコトヲ。慌てて、パソコンで通信開始のプログラムをタイプする。クリックではない。マウスなんてモノは存在しない時代だ。すると、なんだか音が聞こえてくるのである。(ピーーーーーーガガガガガ)う〜ん。今日は調子がいいようだ。
 兎に角、パソコン通信中は静かにしていなくてはならない。すこしでもうるさいと上手く通信できないのだ。したがってその最中は無言&忍び足。

 (ピーーーーーーガガガガガ)というのはデータ送信の音。それを運ぶ音響カプラはとても繊細な装置。なんと外界の雑音もデータの音として捉えてしまうのだ。その程度なら当時小学生だったボクでも理解できた。いやしかし理解はしていても、けっして静かには出来なかった訳だが。
 しばらくすると相手のデータがこっちのパソコンに表示され始める。しかも感動的な遅さでもって・・・。その時、(うわ! 出てきた!!)嬉しくってうっかり声を出してしまった。ただパソコンは至って正常の(つもり)で動いていた。そこにいたボク以外の大人達の方が全員フリーズ&クラッシュ。その後のことはご想像にお任せする。
 無論、その当時パソコンは今のように(家電)ではない。ある程度知識のある人しか使えなかった。つまり、(オタク)のツールそのものだったのである。キャワイイ系ギャルや厚化粧のおばさま、第2次大戦経験者のお爺さま等が片手間にできるものでは決してなかった。いや、出来るわけがない。決して軽蔑しているのではない。それ程までに(分かりにくい)という意味なのだ。なんせ(プログラミング用の英語)が分からなくちゃいけない。その(プログラミング言語)が分からないと、画面が真っ黒のままなのだ。そこにたった一つの小さいカーソルが点滅しているだけの世界。それしかない世界!?なのだ。今なら(はぁ? なにこれ??)とか(まだ、起動していませんね)とか言われそうな状態。そこにキーボードで文字を打つ。英語で暗号のような文章を打って、リターンキーを押す。すると何かが起こる。色が出たり、(ビィー)とかいう音が出たり。なにがしか作業結果が出るのである。

 そんなある日のこと。といっても今からもう16,7年前のこと。小学校から帰ってきたボクは真新しい(変なコンピューター)を発見した。兎に角やたらに小さい。画面と本体が一体になっている。デザインは至ってシンプル。コードがごちゃごちゃない。それにコンパクトなキーボード。とにかく電源を見つけることに専念した。ボクみたいに機械に囲まれて育つと(取り扱い説明書)なんていらない。読みたくても、読んでも分からないのでは決してない。ただ単に必要ないのだ。やっとこさ、電源を発見。(パチ)と電源オン!すると(ジャーン)と音がした。(うわー、なんだか凄いよこれ!!)と期待に胸を膨らませているボク。改めてそのコンピューターの周辺をチェック。すると、、、、!?!?!?!!!機械好きのボクが、コンピューターのカタログを見るのが趣味だったボクが初めて見た装置があった。 なっなんだこれ! なんだかコードが一本とボタンが一つだけ付いた装置を発見。裏返すとボールみたいな物がその装置の中に入っているのが見える。そこに英語で(Apple XXXXX Mouse)とかいてある。ボクは考えた。(APPLEってリンゴだろ。このコンピューターって虹色のリンゴのマークがついてる。そしてこの装置にも。多分リンゴが目印なんだ!だからAppleって書いてあるんだ。 その後のXXXXXXは意味が分からないや。まあいいか。その後のMOUSE? これってマウスって読むの!?? 変だなぁ マウスゥ!!?!? ねずみのこと??)幼児期よりブリタニカの英語教室に行っていた甲斐がやっと役に立った瞬間だった。その装置を元に戻した。すると(ススー)と動いた。(えっ!!!これって動くの?) それを手で掴んで動かした。なるほど動かしやすい。しばらく動かして遊んでいた。コンピューターの画面はグレーの色一色で、真ん中に(四角い絵)が表示されていた。その中心には(?(クエスチョンマーク))が点滅していた。その(四角い絵)は間違いない。フロッピーのことだ。フロッピーって?? 私のいたずらを恐れた所有者がしまいこんだに違いない。そんなもん、この周りには無いよ〜。あるのはこのボールが入った装置とキーボードだけ。と思いつつ再びマウスをさわった。すると、画面の中の(黒い三角形)がそれにつられて一緒に動いた。(えっ! 今これ動いた?) まるでモノリス石版にさわった類人猿のごとき閃光が、私の全身を打った。
 
[PR]
by masatonet | 2004-11-12 22:13 | Macフリーカー
Apple Computerの初代Macintosh開発メンバーの1人で、グラフィックソフトウェアのMacPaintやオーサリングツールのHyperCardなどの開発者として知られるビル・アトキンソン氏が来日し、5月12日に都内で講演を行った。
 アトキンソン氏はApple Computerを退社したあとGeneralMagic社を創業したが、現在は写真家として活動している。今回の来日は同氏の初の写真集「WITHIN THE STONE」の完成を記念して行われたものだ。講演のタイトルは「私の人生とMacintosh」。なかでも初代Macのユーザーインターフェース誕生の様子に多くの時間が割かれた。


2時間にわたって熱弁をふるったビル・アトキンソン氏
  アトキンソン氏はまず、Macが登場する前のコンピュータがどのようなものであったかを紹介した。コマンド入力による操作が一般的で、グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)はなく、マウスやウィンドウもなかった。

 これに対し、初代MacはマウスやGUIを備え、MacPaintやMacWriteといったソフトウェアを同梱していた。「Macは革命的だった。人々が初めて真にほれ込むことのできたコンピュータだといえるだろう」(同氏)。 初代Macに搭載されたソフトウェアのうち、約60%はアトキンソン氏の手によるものという。

 では、そのMacのインターフェースはどのようにして生まれたのか。アトキンソン氏によると、その原型はMacの1年前に生まれたPC「Lisa」にあるという。Lisaは誰でもすぐ使うことができ、しかも使って楽しいと思えることを目指して開発が行われたPCだ。価格が約1万ドルと高価だったことから商業的には成功しなかったが、すでにGUIを備えるなど画期的な試みがなされていた。

 開発チームは、試行錯誤を繰り返しながらこのインターフェースを完成させていった。コンピュータを使ったことのない人に使ってもらい、感じたり考えたりしたことを小声でしゃべってもらって、つまずく点を見つけていったという。「これは使い物になるソフトを作るうえで必要だ。コンピュータを全く知らない人がどんなことを考えるかは想像がつかないからだ」(アトキンソン氏)。例えば「Do It(実行)」という表示を多くの人が「Dolt(DOLT)」と読んでしまい、意味が分からず操作が止まってしまうことがあったという。

 アトキンソン氏は自宅で多くの開発作業を行っていたといい、その成果を社内の人と共有するために開発画面を写真に撮っていた。会場では当時の写真が数多く紹介され、インターフェースが進化していく様子も紹介された。

  例えばディスプレイは、当初黒の背景に白で文字が表示されていた。しかしアトキンソン氏は、グラフィックスを扱うのであれば、印刷と同じように白地に黒で画面が表示される必要があると訴えたという。白部分が多くなれば画面の焼き付きやちらつきを抑える必要があるためコストが高くなる。社内ではこの点に関して大きな議論が巻き起こったが、アトキンソン氏は「グラフィックスをやるならこれしかない」といって実現させたという。

  ほかにも、初代Macに同梱されたMacPaintには、Macのインターフェースに慣れてもらう狙いがあったという開発者ならではのエピソードも紹介された。ツールパレットを使って遊んでもらうことを意図していたという。「MacPaintによって、PCを使って楽しいと思ったのは初めてだという声を多く聞いた」とアトキンソン氏は振り返った。

  最後にアトキンソン氏は、初代Macと現在のMacを比較した。初代Macは8MHzの32ビットプロセッサ「Motolora 8000」を搭載し、処理速度は0.5MIPS。128KバイトのRAMと400Kバイトのフロッピーディスクを備えていた。これに比べ、例えばPowerMac G5は2GHzの64ビットプロセッサ「IBM Power PC 900」を2つ搭載し、処理速度はそれぞれ5000MIPS。8GバイトのRAMと500GバイトのHDDを備える。「感覚的に言って価格は3倍程度だが、現在のMacは6万4000倍のRAMと350倍のディスク容量、2万倍のプロセッサスピードを備えている」(同氏)

  「20年間で正直よくここまで来たと思う。あと20年なんとか生き延びて、20年後を楽しみにしたいと思う」(アトキンソン氏)元記事はこちら
[PR]
by masatonet | 2004-05-13 20:38 | Macフリーカー