私の手記- memoir -です


by masatokunkeio

カテゴリ:写真(Photo)( 53 )

私のカメラ歴

祖父のNikon F2をおもちゃにして育つ。レンズは30年以上経っても、今なお現役の35mmのF1.4。
中学時アメリカへホームステイする際、CanonのAutoBoy2を購入。
その後、京セラの「サムライ」というカメラにはまる。
高校時、祖父のF2を手に写真部を制圧する(勝手な想像)。
大学時、写真とは一切縁が切れる。
ちょうどその頃、父がライカM6を衝動買い。ズミクロン50mmF2とM6をちょこっと借りて愛犬を「エクターフィルム」を使って撮影後、その撮影した写真を見ると、「愛犬の目の中にライカで撮影している自分の姿が写っている」ことに驚愕し、8年ぶりにカメラ熱が復活。

イタリア(2001年/初回)へ行く際、メモリーが高い当時、CDに直接記録が出来るSonyのMavica300(マビカ)を購入。千枚以上撮影した。CDに直接記録が出来るという画期的なカメラであったが、T*コーティング無しのCarl ZeissレンズはZeissの名だけで写りもイマイチ。何度も故障し、修理総額九万円を超す。国内撮影旅行数十回、及び中国、メキシコの旅で使う。その後写真管理、補正、出力のEasyさから、デジタルカメラアレルギーが完全に無くなる。

メモリー価格が下がったのを機に、以前からの憧れT*コーティングがあるContax SL300RT*を購入。
Contax SL300RT*を手に中国へ2回行く。

撮影スタイルから超広角と望遠がほしいと思い続けたあげく、そして父がM6を使っていたのを横目で見ていた故、ライカレンズへの羨望を捨てきれず、PanasonicのLumix DMC-FZ20 を購入しオランダ、フランス、そしてイギリスを旅する。また中国への4回目の渡航も共にした。

京セラのカメラ部門撤退ニュースにて、長年の夢であったContaxG1ユーザーの道が絶たれる。
その直後、在庫処分であった新品Contax TVS DIGITALを3万円弱にて購入。撮影がきわめて難しいカメラであることを認識する。

イタリア(2007年/2回目)の際、良品の価格がそろそろ下がってきたデジタル一眼レフの購入を考える。往年のニッコールレンズを楽に使え、コストパフォーマンスに優れたNikon D200を購入。同時にVR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6レンズも購入。出発直前になりCarl Zeiss Planar T * 1.4/50とCarl Zeiss Distagon T * 2.8/25がNikonマウントで使えることを発見し(時勢にかなり遅れている)、即購入。Carl Zeissレンズ用にと、マニュアルの使い勝手が悪いことを知りつつNikon D40を購入。

現在、3万枚以上の写真(2001年以降に撮影したもの)を整理しつつ、D40にSigma 10-20mm F4-5.6 EX DC /HSMをつけて遊び中。

これから欲しいカメラ、及びレンズは次の通り。(夢ですが、、。)
Nikon F6
Nikon D3
Nikon D300
LEICA M8
LEICA M3
Nikon AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G(IF)
Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED
Carl Zeiss Makro Planar T* 2/100 ZF
Carl Zeiss Planar T * 1.4/85 ZF
Sigma 30mm F1.4 EX DC /HSM
[PR]
by masatonet | 2007-09-22 21:32 | 写真(Photo)
今回思っていもいない機会に恵まれました。
発売当初から気になっていたデジカメを試すチャンスをgetしたのです。
売り場内ではメモリーが入ってなかったり充電されて無くて動作しなかったりと両機種を十分に使うことが出来ない。その点、持って帰ることが出来た今回は、またとない

「購入前の徹底比較」

だったのです。

****************************
ソニー製の800万画素を誇る、4CCDデジカメDSC-F828。レンズ可変なのでどのようなアングルでも楽な撮影姿勢を維持したまま撮影が出来る。それにソニーのデジカメでは珍しくメモリースティック以外の記憶媒体に記録できる。4CCDなので解像度は抜群。しかしやや緑色を強調した色合いになっているようだ。

さて、早速実際に色々と使ってみた。

起動時間及び各機能への切り替え・・・
まあ気にならない程度。以前ソニーのデジカメを使っていたせいか各機能のアクセスへは「全くストレスが無く」使えた。多くあるデジカメの中でソニーのデジカメはこの辺りの作り方が実に上手い。長年ビデオカメラで養ってきた経験によるものだと思う。

撮影時・・・・
ズームが手動で出来るためリング部分をササッと回せば一気に200mの望遠風景を撮影することが可能。この点は素晴らしい。それに圧巻はマクロ撮影だ。最高2cmまで被写体に近づいて撮影ができる。花のマクロを撮るのが大好きな私には貴重な機能だ。ボケの感じもティースターカールツァイスならではの説得力!! しかし記録に少々時間が掛かる。つまりレリースラグが大きい。この辺はソニーのデジカメらしい。いい絵は撮れるが肝心のレリースラグがあっては、写真撮影で一番大切な「シャッターチャンス」を逃してしまう。これは非常に問題。また、手ぶれも多々起こる。特に上手くカメラ全体をホールド出来ずに撮影すると大体ブレてしまう。逆にカメラ自体のホールド感は非常によいのでしっかり構えて撮影できるならかなりの低シャッタースピードでもブレない。テレ時にはやはりブレが目立つようだ。

感想・・・・
使ってみて、いろいろ感じたが結局「手ぶれ」と「レリースラグ」にめげた。特にレリースラグは改善してほしい。あれでは動作が速い被写体を撮影できない。このごとくシャッターチャンスを逃してしまう。他の部分、画質や解像度、操作性は全くと言っていいほど快適そのもので、問題を感じない。ツァイスならではの絵にも納得がいく。

****************************
次にパナソニック製の500万画素をデジカメFZ-20。なんといっても手ぶれ補正がついていて光学400m望遠。しかもF値が全域2.8という信じられないかカメラです。極めつけは搭載レンズがライカのエルマリート。知る人ぞ知るレンズだ。明らかにソニーのツァイスに向こうを張っているようだ。P-828に比べても値段は圧倒的に安い。

起動時間及び各機能への切り替え・・・
起動時間は長い。撮影したいときにはあらかじめ電源を入れておかないとシャッターチャンスを逃しまくることになる。中のレンズが移動してテレからワイドになっていよいよ撮影可能。う〜ん長いよ〜!! また、マクロモードをはじめ各機能へのアクセスはソニーのデジカメに劣っているようだ。意外とやりにくい。それにモタモタしているように感じた。操作に慣れると、モタモタしたカメラの動作が一層気になる。

撮影時・・・・
ズームがちょうどコンパクトビデオカメラのようにレバーで行う。モーターでテレまで、実にゆっくりともっていく。素早く被写体をアップしたいときには苛立つこと極まりない。また、マクロ撮影がP−828に比べると貧弱だ。上手くピントが合わない。AFピントが迷うこともしばしば。MFに切り替えて、リングを使ってマニュアルフォーカスをする。被写体の中心部分のみが2倍にアップされてピント合わせが非常に楽だ。この機能はすばらしい。だが、リングが右回しにも左回しにも無限に回るので、少々困った。
とは言っても、何をさておき今まで上げてきた欠点を一気に吹き飛ばしてくれる機能がこのカメラにはある。それが「手ぶれ補正」なのだ。テレ時でもほとんどブレない。ま、まさに感動そのもの。

「うわ〜。ボクってこんなに上手いんだぁ」

と何度思ったことか! 

それに圧巻は400m望遠だ。ソニーP828の200mなんて目じゃない。凄まじい迫力だ。画質を気にしなければデジタルズームを併用すると1000m以上のズームを手に入れることが出来る。これはデジタルカメラの圧倒的勝利を意味しているようにも感じる。
とにかく、光学でも400m望遠は凄い。バックに簡単に入れることが出来るカメラで光学400m望遠が付いているなんて、信じられない。一眼レフだったら絶対三脚がいる大きさのレンズになってしまうのと同時に、このFZ-20の本体が数台買えてしまう。
それに、P−828と比較してはじめて実感したのだが、このF−20はレリースラグがほとんど無い。これは素晴らしい。サクサク撮影することが出来るのだ。ラグがないので一度時間が掛かる起動時間をクリアーしたら、自分が撮りたいときに、まさにベストタイミングで撮影することが出来るのだ。

「よし、い、いまだ!!」

この時、全く思った通りシャッターが切れるFZ-20。
ほんのちょっと遅れるP−828。

二度とないシャッターチャンスをこよなく愛する私がどちらのデジカメを購入したかは皆様のご想像にお任せする。
[PR]
by masatonet | 2005-05-01 21:15 | 写真(Photo)

CONTAXファン、集え!!

ソフマップで、定価が134,400円のCONTAX Tvs DIGITALシルバーを29,800円(込)で売り出し中。未開封品とのこと! ファンの方、これを逃すともうありませんよ。きっと。。今年の3月には、楽天のe-デジが、同カメラを39,800円(新品)で人気の高いブラック発売して以来、あちこちでCONTAXカメラのたたき売りが始まっています。小生もそれに乗っかって、CONTAX Tvs DIGITALチタンブラック(新品)(メーカー希望小売価格144,900円、定価は上のシルバーより1万高いが、現在では倍以上の価格差がある)を8割引で購入済み。デジタルカメラ部門撤退の京セラ。この調子ですと、たたき売りは夏前までには終わると思います。

兎に角、定価が高いカメラだけ合って、高級感抜群! 難しい撮影方法クリアーすれば、「信じられないくらい美しい絵(写真)」を取ることが出来るこのカメラ!

 気になる方はお早めにチェックを・・・
[PR]
by masatonet | 2005-04-11 00:03 | 写真(Photo)