私の手記- memoir -です


by masatokunkeio

<   2005年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

つ、ついに、数あるやりたいゲームソフトの購入を一切やめ(とはいっても、DSソフトの何本かは予約済みだが(爆))、自転車を本格的に復活させようと、自転車を購入予約。まあ、ここまで、「自転車を購入!」などと声を大にして言うくらいだから、もちろんママチャリではない!

かつて、まだ、小さかった頃、MTBにハマり、高速走行中、ガードレールに直撃。急傾斜カーブをあの太いタイヤで曲がりきれなかったのが原因。

ぶつかったとき、世界がスローモーションになった。本当だ。

ゆっくり自分の身体が自転車を離れガードレールに直撃した後、自分の頭が地面に近づいていった。実にゆっくりしていた。今でも覚えている、不思議な体験の一つだ。

その時。そう、頭がアスファルトに直撃する瞬間、長年トレーニングしていた「武道の受け身」が無意識にでた。そして、頭は全く無傷。しかし、ガードレールに直撃したボクの左足は血だらけで、痙攣(けいれん)していた。横を走っていた車が2台急ブレーキ。それぞれの車から血相を変えた男の人が二人、「だ、だ、大丈夫ですか!!!」と言って近寄ってきた。
やはり、武道は、やっておいて無駄なものではないようだ。

その「思い出の足の傷跡」を眺めつつ「よし、今度は安全運転に徹しよう」と思っていても、気が付くと50ccバイクを抜かしているといった、決して安全速度とは思えない日が続いていた。
トライアルバイクで遠出しようとすると「凄まじいくらいの疲労」と「一生懸命漕いでも前に進まない症候群」にとりつかれてしまう(笑)ので・・・遠出目的の小生は、今度こそは別の種類の自転車を・・・。MTBも一時流行りましたよね。小生もいろいろ試してみて結局、MTBをオンロードで走るのはやはり厳しいということを痛感。タイヤが大きい分、道路との抵抗が大きいのでいくら漕いでも「エネルギーのロス」が多いような気がしてならない。しかし格好は良い!

実は、当分の間自転車から遠のいていたので全く知りませんでしたが、
最近は、ロードレーサーとMTBの中間に位置する「クロスバイク」というものがあるようです。少々のオフロードもこなし、オンロードでの遠出も問題ないという自転車です。今回はこのクロスバイクにしようと決断。予算を決めて、いざ最寄りの東急ハンズへ。

う〜ん。どれも似たような感じ。しかも、肝心の値段が「た、高い!!」のだ。なんでこんなに高いのだ。しかしデザインは圧倒的によい。そしてなんと言っても「軽い」。やはり良いものはよいのだ。通学用やママチャリとは全くもって月とすっぽんだ。(別に町で高校生やおばちゃんが乗っている自転車を非難しているわけではありませんよ。あれはあれでいいのです。)

売り場では決まらず、カタログを貰い、自宅で再検討。そこで長時間意志の格闘があった。「買うべきか買わないべきか、それが問題だ」と。

To be or not to be, that is a question.(シェークスピア・ハムレット)
ここまで深刻ではないので(笑)

To buy or not to buy, that is a trivial matter.
という程度と思うが、いずれにしても大いに迷ったことは間違いない。

そして思わぬ「文字」に遭遇。

「この自転車はディスクブレーキを搭載しており高速走行時や雨天時にも安定したブレーキングを・・・・」

むむむ!! なんだと!! ディスクブレーキだと! これは、買うしかない。そうだ。長年憧れてきたディスクブレーキ搭載の自転車に、今こそ乗るんだ!!!!!

結局、予算の2倍以上出さないとディスクブレーキ搭載の高性能クロスバイクは手に入らないことを痛感しつつ、全く「清水の舞台から飛び降りる」気持ちで、購入決定し予約した。

なんだかんだ迷ったあげくに、アメリカのスペシャライズド社のクロスバイク「シラスA1 スポーツディスク」というバイクに最終決定。ルイガノのやや価格が低いディスクブレーキ搭載のクロスバイクにも大いにひかれましたが、スペシャライズド社のクロスバイクを強く勧めるハンズの店員。「う〜む。じゃあ、今回!??は、スペシャライズド社にしてみましょう」ということになった。2日前に注文しましたので1週間後きます(非常に楽しみデス)。

この自転車、名前通り、前後ブレーキに「ディスクブレーキ」を搭載していて、メカ好きの小生には堪らない魅力。メンテが少々ややこしいようですが、こまめに自転車屋に持って行ったら問題ないとのこと。(実際は結構めんどくさいような気もしますが)
また、同価格帯の自転車に比べると若干重いという欠点もあります。とはいっても11Kg。まあ、ディスクブレーキというだけで重くなるわけですが、ご存じ、ディスクにすると、タイヤの耐久性やリブ、フレームの耐久性も気になりますので、Vブレーキ搭載の普通の自転車に比べると少々重量に妥協したのかもしれませんが・・・。まあ、それは兎も角。

さあて、ツーリングの準備をしないと・・・・
[PR]
by masatonet | 2005-02-15 11:47 | ヒトリゴト日記
そう、そうなのだ。あのDATウォークマン。しかもまたまた初期型。録再生出来るDATウォークマンと再生専用DATウォークマンを二つ使いこなし、「曲をシャッフル再生することは絶対にタブー。いやそもそもクラッシックを聴くのにシャッフル再生は不要だ」と自分に言い聞かし(笑)、2時間おきに電池を交換しつつ、DATサウンドに染まっていたこと、実に約9年。その間、幾度のソニータイマーをものともせず、修理すること実に7回。

そして、今でも極たまに使っている。サウンドクオリティーは抜群だ。とはいっても、面倒極まりない。まあ、面倒云々いってはハイクオリティーサウンドは得られないのだが、しかし、やはりめんどくさいのだ。特に、屋外での利用となると「手軽さと軽快さ」がやはり最優先だと最近思うようになった。そう、iPodに出会ってから、ボクの価値観が大きく揺らいだのだ。

「音質をとるか、曲数をとるか」

ハッキリ言って究極の選択だったのだ。
マックフリーカーのボクにとってAppleロゴ入りの携帯音楽機器を持つことは「喜び」の他何ものでもない。ボクは何かにとりつかれたかのように、持っていた800枚を軽く超すCDをマック4台(その内1台は友人のもの)を使ってMP3へ変換し始めた。ボクの頭の中では結論が出たのだ。

「この膨大なCD全てに気楽にアクセスしたい」と。曲数が音質の重要性を上回った瞬間だった。
[PR]
by masatonet | 2005-02-11 12:25 | オーディオ
最近、いろいろヘッドフォンを買ってみているがナカナカいいものに出会わない。まあ、安いものは「安かろう悪かろう」ということもあるのだが・・・。結局「安物買いの銭失い」になっている気がしてならない。
悪評高いが、公共交通機関で移動するとき、私はソニーのノイズキャンセリングヘッドフォンNC-11というものを使っている。もちろん現行モデルではなくて、初期モデルだ。単4電池が必要で、スイッチをオンにするとノイズキャンセリング効果がでるという仕組み。当然、電源を入れると「シー」というノイズが入る。しかし、まあ相当妥協して使っている。この「耳栓型イヤフォン」は欠点として、コードのノイズをそのまま耳に伝えることだ。歩きながら使うと「歩いているときの身体の振動」をそのままノイズとして耳に伝える。時として非常にうっとうしいがこれも仕方がないことだ。移動しながら高音質を楽しむというのは「高音質の最大の敵、すなわち、振動」との戦いなのだ。もう、妥協の連続だ。

リビングオーディオなら、マッキンの真空管アンプ、アキュフェーズのデジタルグライコ、フィリップスのCDプレイヤー、オルトフォンやヴァンデンハルのケーブルと凝りに凝りまくれるのだが・・・(笑)

最近、携帯MP3プレーヤーがiPod PhotoからiPod shuffleへ変わった。音質を大いに妥協し、手軽さを重視したのだ。自称オーディオマニアの私にしてみたら「大変な進歩」だと思う。なんせ「音質よりも携帯性を重視した」のだから。。。

そもそも長年「圧縮したデータの音」を敵視してきた小生。MDでも「あれでは駄目だ」などといっていた。そして、電池代を莫大にかけ、また不便極まりない充電池を使いつつ、携帯用としてもDATを愛用し続けてきた。我ながら、時勢に逆行する「あまのじゃくな人間」だと思いつつ。
[PR]
by masatonet | 2005-02-11 12:05 | オーディオ

人間のためのユビキタス

kiyotakabiさんからのメールより。21世紀の障害者福祉にとって避けて通れないものが「ユビキタス」です。
そのことに関して、興味深い記事がありましたので記載致しました。

----------------------------------------------------
朝日新聞の文化欄、ヒト科学21の今月分記事が興味を引いたので。
執筆は、西垣通(情報学専門)、
タイトル「人間のためのユビキタス」。
ご覧になったかしら。

一応、梗概、今のパソコンは、保守労力まで含めると、?。
保守やサービスまで面倒を見ない限り、パソコンは大衆向けの機会にはなり得ないだろう。
(これは、一旦壊れると、手の付けられない現状を、パソコンの持つ特性、デジタルに着目しての意見。)
これから敷衍して、ユビキタス化された生活の危険性を指摘しています。アナログのように微調整の効かない装置が、遍在してしまったら、思わない事故が発生する危険性を負わなければならない、と言う趣旨でした。

話の振りに使われた、
使用しているパソコンが壊れたので、何も出来なくなった、と言う以上にファイルの救出が大変、と言う自身の事例は、本人が情報学専門だったりするので、笑っちゃいます。

でも、このへんmini にも関わることなので注意。
PC は、未だに、一般家庭に入り込む道具とはなっていないのが現状。TV は、画面があって、そこに風景があるので、箪笥のようにでかくても、部屋を圧迫はしなかったのみでなく、
かえって広く感じさせていたものですが、PC は、邪魔になっている。
mini は、その打開になる可能性を持っていると思われます。(キューブもそうだったでしょうに、打ち切りは残念でした)求める人が少ない、と言う見通しは、どうでしょうか?

コンピューター操作者にとってでなく、家庭生活者にとって。マーケティングの正否にかかっていると思いますと、保守の体制に。
先般発売された、ツーカーのユニバーサルデザインの携帯電話ブログで見ると、画面さえないことに否定的な意見が多く見られます。しかし売れてます。携帯電話使用者は、自分の既に使用している形態で発想しますから、あの画面が不便だ、と言う視点に気が回らないのですね。というか、ものによっては、決まったところにあるから便利、と言う点にも。
電話もそのうちの一つだって。
(例えば、視覚障害のある人にとって携帯電話は利便性があるか、とか)

あと、
知見、情報の保存の問題も大きなものがありますね。デジタルは、劣化が少ないとは言われてますが、メディヤの変遷は予想がつかなく、未来に再生可能の保証はなく、不安があります。結局は、共時の伝播が、無限に可能というだけなのかも。
(HTML形式のメールは、ネチケットにもとる、という的外れな言い分も、思い出されます)
[PR]
by masatonet | 2005-02-06 13:56 | 掲示板
 Apple Computerにとって、G5チップを搭載したPowerBookをリリースすることは、引き続き重大な課題となっている。
 Appleの顧客は、同社からPowerBook G5が発表されるのを長い間待ち続けている。パワフルなG5チップは、2003年にPower Macシリーズに初めて搭載され、昨年からはiMacにも採用されている。

 同社はMacファンがG5 PowerBookを望んでいることを十分承知しており、技術的にもすでに実現可能な段階にある。しかし、IBM PowerPC 970FXプロセッサ(Appleでは、970FXとその前身である970を「G5」と呼んでいる)が比較的大量の電力を消費することを考えると、G5を積んだPowerBookはサイズや重量、ノイズなどの点で妥協せざるを得なくなるだろう。しかし、Appleにとって、またおそらく大半の顧客にとって、これは受け入れ難いことだ。

 「G5チップを搭載したノートPCは、ぶ厚くて重いものとなり、だれもが逃げ出すほど大きなノイズを発生するだろう」とMicroprocessor Report編集長のKevin Krewellは述べている。「Appleが製品の設計に関してそうした選択肢を選ぶとは思えない」(Krewell)

 Appleもこの設計上の課題を認めている。

 AppleのDavid Moody(ワールドワイドMac製品マーケティング担当バイスプレジデント)は米国時間1月31日、CNET News.comに対し、「PowerBookのような薄くて軽いノートPCにG5を搭載することは極めて困難だと言っても過言ではない」と述べた。

 Appleは31日に、待ち望まれていたG5 PowerBookではなく、これまでよりも若干高速なG4プロセッサを搭載したPowerBookの新シリーズを発表した。この新モデルでは搭載するメモリ容量も増え、トラックパッドスクロールや、マシンの落下時にPowerBookのハードディスクを守るモーションセンサなどの新機能も追加された。Moodyは、新しいPowerBookがG5移行前の最後のマイナーチェンジになるかどうかについては口を閉ざし、PowerBook G5の発売時期に関しても詳細も明かさなかった。

何がPowerBook G5の登場を阻んでいるのか

 G5を積んだPowerBookの登場が遅れている最大の原因はチップそのものにある。IBMの技術資料によると、同チップの消費電力は2.5GHz動作時(電圧は1.3ボルト)で最大100ワットとなっているが、これはノートPCとしてはかなりの消費量だ。しかし、クロックスピードを下げる、もしくはクロックスピードと電圧の両方を下げることで消費電力は抑えられるという。

 IBMの関係者は、Power PC 970チップシリーズに関する同社の計画についてコメントを差し控え、またその後の技術資料に関する問い合わせにも回答していない。

 ただし、電力消費量が100ワットのチップをノートPCに搭載できないというわけでもない。たとえば、DellのInspiron XPSは、デスクトップPC用に設計されたIntelの3.4GHz Pentium 4 Extreme Editionプロセッサを搭載している。Intelの熱設計ガイドラインでは、同チップを搭載するコンピュータに対し、110ワット近辺で動作するチップに対応した放熱能力を要求している。
 しかし、15.4インチのワイド画面を搭載したDellのこのマシンは、高さが5cmと比較的厚めで、重量もCDドライブとバッテリ装着時で4kg強ある。これに対し、Appleの17インチPowerBookは、高さ約2.6cmで、重量はCDドライブとバッテリを装着しても約3.13kgしかない(Appleの12インチPowerBookの場合、高さは3.0cmで重量は約2.09kg、また15インチモデルは高さ2.8cmで重量は約2.54kg)。ちなみに、Pentium Mと17インチ画面を搭載するDellのInspiron 9200は高さが4.06cmで重量は3.49kgとなっている。

 したがって、Appleが典型的なサイズのPowerBookのきょう体にG5を収めるには、G5の速度を落として現行のモバイルG4チップより低クロックで動作せるか(それでもG4の方が消費電力が低い)、ノートPCを大型化して高性能(かつ音の大きい)冷却ファンを装備するしかない、とMicroprocessor ReportのKrewellは述べている。

 Appleの最新技術を望む顧客にとって、長く待たされることは苦痛かもしれないが、同社はあくまでも低消費電力版G5チップの登場を待つ可能性が高い。今年中に登場する可能性もあるこの低消費電力チップなら、消費電力も発熱も低く抑えられるものと思われ、典型的なPowerBookの薄型シャシーに収められるようになる。

 AppleMattersというブログを運営し、iPodに関する書籍を発行した経験もあるHadley Sternは、美しさは重要な要素だと言う。

 同氏は、さらに強力なPowerBookには興味を引かれるが、「G5 PowerBookが現行のきょう体よりかなり大きくなってしまったら購入を控えると思う。私は12インチPowerBookを、主に文書の作成と電子メールのチェックやウェブサーフィンに使っている。私はG4プロセッサで十分作業できるし、デザイン作業をするときは(デュアルプロセッサ搭載の)PowerMac G5を使う」と述べている。

 Chris Hollandというもう1人の有名なMacブロガーは、G5 PowerBookの登場を熱望しているのはG4の購入を控えているMacファンたちだと語る。

 「MacコミュニティはG5搭載PowerBookをかなり熱望しているようだが、G3システムからの買い換えを狙う人が多いことを考えれば、これは優れたコストパフォーマンスを求めるごくふつうの慎重な態度だと合理的に説明できる」(Holland)

 PowerBookにG5を採用する際は、IBMが導入している新しいチップ製造技術が救世主になるかもしれない。Krewellによると、同社のチップ事業部は今年中に低消費電力版のPowerPC 970を発売する見通しだという。

 同チップの製造工程の1つでは、ストレインドシリコンという製造技術に新たな工夫が加えられている。この製造技術は、チップ上の超小型オン/オフスイッチであるトランジスタを高速化してパフォーマンスを向上させるというもので、この工夫によりチップのパフォーマンスが向上し、同時に消費電力も減少する。


道のりはすでに半ばまで
 Krewellによると、IBMはノートPCへの970採用を目指し、ストレインドシリコンを可能な限り早急に製造ラインに取り入れようと積極的な努力を続けているという。

 「今年半ばまでに何らかの動きがあることは十分考えられる。ただし、消費電力を40ワット近辺に持って行くことは難問だと思う。また、そこ(40ワット近辺)まで電力消費量が下がったとしても、Appleの美意識に合致した重量や性能、バッテリ寿命を実現するのは難しいだろう。現時点でG5がPowerBookに採用されていないのは、こうした問題があるからだ」(Krewell)

 AppleはすでにG5チップを厚さ約5 cmのiMac G5に搭載していることから、PowerBook G5実現まであと半分のところまで達しているとの見方もできる。しかしAppleの幹部は、きょう体を設計する上で、残りの数センチが非常に難しいと慎重な構えを見せている。昨年8月に登場したiMac G5は、17インチPowerBookと比べてまだ約2倍の厚さがある、とAppleのGreg Joswiak(ハードウェアマーケティング担当バイスプレジデント)は述べている。

 「PowerBookのきょう体でG5を冷却するほうがはるかに難しい」(Joswiak)

 このようなことから、今年中にはAppleがPowerBook G5を投入してくるとの話が各方面から出る一方で、もう少し時間がかかるとの見方も出ている。Jupiter ResearchのアナリストMichael Gartenbergは、PowerBook G5が2005年中に出たら驚きだと述べている。

 「PowerBook G5はいずれ登場するだろう。だが、多くの人が望むほど簡単には出てこない。AppleはPowerBookについて、携行時の外観や操作性全般を維持することにこだわっており、G5チップを箱に詰めて取っ手を付けただけでは済まないからだ」(Gartenberg)

 「Appleは応急措置を施すのではなく、ユーザーの経験全体を徹底的に追求している」(Gartenberg)
[PR]
by masatonet | 2005-02-03 20:32 | Macフリーカー
Masa's Blogをはじめてから、初めてのスキンチェンジを致しました。皆様、お間違えの無いように・・・。今後とも宜しくお願い致します。
[PR]
by masatonet | 2005-02-02 12:45 | 掲示板