私の手記- memoir -です


by masatokunkeio

<   2005年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 Microsoftの新型ゲーム機に対応するスタイリッシュなビデオゲームの映像は、Xbox 360システムで動いているものではない。Microsoftは米国時間13日、Xbox 360のデモがAppleのマシン上で動いていることを正式に認めた。
 「われわれはAppleのG5マシンを大量に購入したが、これは今後登場してくるXboxの製品やサービスを支える一部の技術をエミュレートできる特殊なハードウェアコンポーネントがこれらのマシンに搭載されているためだ」と、Microsoftの広報担当者は声明のなかで述べている。「これはあくまで暫定的な開発ツールで、将来はもっと強力で包括的なソリューションに置き換える」(同広報担当)

 製品発表会で披露された現在のシステムは試作機で、完成品は年末までに北米、欧州、アジアの3つの主要地域で発売になると見られている。

 Xbox 360の価格はまだ発表されていないが、Microsoft幹部らはロサンゼルスで今週開催されるE3ゲームカンファレンスまで明らかにしないと述べている。

 20Gバイトのハードディスク、DVD-ROMドライブ、500MHzのATI製GPUなど、同ゲーム機の詳細は一部がすでに明らかにされているが、その他の点については同カンファレンス開催中に発表されることになる。また、年末までにはXbox 360向けに最大40本のタイトルが発表されるという。

 同社によると、Xbox 360には、Appleのコンピュータと同じくIBMのPowerPCアーキテクチャをベースにしたチップが搭載されている。ただしXbox 360の場合は、3.2GHzの対称コア3基を採用しているという。Appleは1994年からPowerPCを採用しており、同社CEO(最高経営責任者)のSteve JobsはIBMのPowerPCチップファミリーに非常に満足していると述べている。

 Microsoftは、初代XboxではIntel製チップを採用していたが、Xbox 360にはIBMのPower技術をベースにした独自のカスタムチップを積んでいる。元記事はこちら
[PR]
by masatonet | 2005-05-16 18:57 | Macフリーカー

ジャパニーズライド

今回「千年家族」で、ゲームの画面をメモにとって思ったのですが、ゲーム中の言葉って意外と短いですね。長文をブツ切れにしています。つまり長い文章が全くないのです。それに、ゲーム中に出てくる老若男女皆、同世代の言葉を使っているのです。設定上とはいえ、実際では60代の人が「思いっきりハメられていますって!」なんて言いませんよ、絶対!! ゲーム中の言葉は低俗化してます。このままだと長い文章が読めない、そして言語使用域を理解できない

「メディア・チルドレン」

が益々増えそうです。国語の教育が21世紀日本の最大にして最高の問題になりますね。

最近こそ少なくなりましたが、思い出してみると20年前くらいはゲーム中の誤字や脱字がメチャクチャ多かったです。その中でなりより多かったのが「間違った意味をそのまま使っている熟語」です。ゲームクリエータの低学問レベルが目立っていました。あくまで低学歴ではなくて低学問レベルですよ! それを打ち破ったのがドラクエです。
プログラマーの堀井は早稲田で、デザインは漫画で世界を魅了した鳥山、そしてBGMを作曲したのは東大出の逸材、杉山。そのころから、東大、早稲田、慶応等といったのいわば東京6大をはじめとしたゲームクリエーターが増え始めました。このころから、ゲームが変わってきました。ちょうど、低俗娯楽の代表、マンガの世界に手塚治虫が入ってきた時と同じでしょうか。

そして、今や世界中から、「日本に車とゲーム、アニメあり!!」とまで言われるようになりました。日本車には「ジャパニーズライド」という褒め言葉があるようですが、ゲームやアニメには「ジャパニーズクオリティー」や「ジャパニーズクール(こちらは主に歌謡曲に使われています)」と言われています。

勿論、褒められているばかりではありません。日系の人達は今でもアメリカなどで差別に悩んでおられます。
とは言っても、車ではトヨタとホンダが、ゲームではソニーと任天堂そしてポケモンが世界中に知れ渡っているところからして


「たかがゲーム(島国・日本)、されどゲーム(日本製品)」


なのでしょう。
[PR]
by masatonet | 2005-05-16 11:37 | ヒトリゴト日記
今回思っていもいない機会に恵まれました。
発売当初から気になっていたデジカメを試すチャンスをgetしたのです。
売り場内ではメモリーが入ってなかったり充電されて無くて動作しなかったりと両機種を十分に使うことが出来ない。その点、持って帰ることが出来た今回は、またとない

「購入前の徹底比較」

だったのです。

****************************
ソニー製の800万画素を誇る、4CCDデジカメDSC-F828。レンズ可変なのでどのようなアングルでも楽な撮影姿勢を維持したまま撮影が出来る。それにソニーのデジカメでは珍しくメモリースティック以外の記憶媒体に記録できる。4CCDなので解像度は抜群。しかしやや緑色を強調した色合いになっているようだ。

さて、早速実際に色々と使ってみた。

起動時間及び各機能への切り替え・・・
まあ気にならない程度。以前ソニーのデジカメを使っていたせいか各機能のアクセスへは「全くストレスが無く」使えた。多くあるデジカメの中でソニーのデジカメはこの辺りの作り方が実に上手い。長年ビデオカメラで養ってきた経験によるものだと思う。

撮影時・・・・
ズームが手動で出来るためリング部分をササッと回せば一気に200mの望遠風景を撮影することが可能。この点は素晴らしい。それに圧巻はマクロ撮影だ。最高2cmまで被写体に近づいて撮影ができる。花のマクロを撮るのが大好きな私には貴重な機能だ。ボケの感じもティースターカールツァイスならではの説得力!! しかし記録に少々時間が掛かる。つまりレリースラグが大きい。この辺はソニーのデジカメらしい。いい絵は撮れるが肝心のレリースラグがあっては、写真撮影で一番大切な「シャッターチャンス」を逃してしまう。これは非常に問題。また、手ぶれも多々起こる。特に上手くカメラ全体をホールド出来ずに撮影すると大体ブレてしまう。逆にカメラ自体のホールド感は非常によいのでしっかり構えて撮影できるならかなりの低シャッタースピードでもブレない。テレ時にはやはりブレが目立つようだ。

感想・・・・
使ってみて、いろいろ感じたが結局「手ぶれ」と「レリースラグ」にめげた。特にレリースラグは改善してほしい。あれでは動作が速い被写体を撮影できない。このごとくシャッターチャンスを逃してしまう。他の部分、画質や解像度、操作性は全くと言っていいほど快適そのもので、問題を感じない。ツァイスならではの絵にも納得がいく。

****************************
次にパナソニック製の500万画素をデジカメFZ-20。なんといっても手ぶれ補正がついていて光学400m望遠。しかもF値が全域2.8という信じられないかカメラです。極めつけは搭載レンズがライカのエルマリート。知る人ぞ知るレンズだ。明らかにソニーのツァイスに向こうを張っているようだ。P-828に比べても値段は圧倒的に安い。

起動時間及び各機能への切り替え・・・
起動時間は長い。撮影したいときにはあらかじめ電源を入れておかないとシャッターチャンスを逃しまくることになる。中のレンズが移動してテレからワイドになっていよいよ撮影可能。う〜ん長いよ〜!! また、マクロモードをはじめ各機能へのアクセスはソニーのデジカメに劣っているようだ。意外とやりにくい。それにモタモタしているように感じた。操作に慣れると、モタモタしたカメラの動作が一層気になる。

撮影時・・・・
ズームがちょうどコンパクトビデオカメラのようにレバーで行う。モーターでテレまで、実にゆっくりともっていく。素早く被写体をアップしたいときには苛立つこと極まりない。また、マクロ撮影がP−828に比べると貧弱だ。上手くピントが合わない。AFピントが迷うこともしばしば。MFに切り替えて、リングを使ってマニュアルフォーカスをする。被写体の中心部分のみが2倍にアップされてピント合わせが非常に楽だ。この機能はすばらしい。だが、リングが右回しにも左回しにも無限に回るので、少々困った。
とは言っても、何をさておき今まで上げてきた欠点を一気に吹き飛ばしてくれる機能がこのカメラにはある。それが「手ぶれ補正」なのだ。テレ時でもほとんどブレない。ま、まさに感動そのもの。

「うわ〜。ボクってこんなに上手いんだぁ」

と何度思ったことか! 

それに圧巻は400m望遠だ。ソニーP828の200mなんて目じゃない。凄まじい迫力だ。画質を気にしなければデジタルズームを併用すると1000m以上のズームを手に入れることが出来る。これはデジタルカメラの圧倒的勝利を意味しているようにも感じる。
とにかく、光学でも400m望遠は凄い。バックに簡単に入れることが出来るカメラで光学400m望遠が付いているなんて、信じられない。一眼レフだったら絶対三脚がいる大きさのレンズになってしまうのと同時に、このFZ-20の本体が数台買えてしまう。
それに、P−828と比較してはじめて実感したのだが、このF−20はレリースラグがほとんど無い。これは素晴らしい。サクサク撮影することが出来るのだ。ラグがないので一度時間が掛かる起動時間をクリアーしたら、自分が撮りたいときに、まさにベストタイミングで撮影することが出来るのだ。

「よし、い、いまだ!!」

この時、全く思った通りシャッターが切れるFZ-20。
ほんのちょっと遅れるP−828。

二度とないシャッターチャンスをこよなく愛する私がどちらのデジカメを購入したかは皆様のご想像にお任せする。
[PR]
by masatonet | 2005-05-01 21:15 | 写真(Photo)