<   2005年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

サンフランシスコ発--Apple Computerが、MacへのIntel製チップ採用を決めたことで、Mac OS X以前に開発されたプログラムに対するサポート打ち切りの可能性が高まってきた。
 現行のMac OS Xでは、「Classic環境」を使ってMac OS 9用プログラムが実行できるようになっている。しかし、Appleが用意するコード変換用ソフトウェア「Rosetta」技術は、Mac OS 8やMac OS 9用に書かれたプログラムをサポートしないという記述が、Rosettaについて説明した文書のなかにある。

 Rosettaは、Apple CEOのSteve Jobsが米国時間6日に発表したコード変換用ソフトウェアで、同社によるIntelチップベースのシステムへの移行を容易にするためのもの。Mac OS X向けに書かれたプログラムのほとんどは、Rosettaを使うことで、IntelチップベースのMacでも動かせるようになるため、ソフトウェアがIntelチップ上でネイティブに動作するようにコンパイルされていなくても特に問題はない。

 Appleのシニアバイスプレジデント、Phil Schillerはインタビューのなかで、Classic環境に対する今後のサポートについては明言しなかったものの、「確かに優先順位は高くない」と語った。

 Schillerによると、Appleが実施した調査では、Macを新たに購入したユーザのうち、Classic環境の利用者はほとんどいなかったという。

 「Mac OS Xの最近のバージョンでは、Classicはオプションでインストールするようになっているが、これはごくわずかなユーザーしかそれを使用しないからだ」とSchillerは説明した。「新製品を購入したユーザーのうち、Classicの利用者がどれだけいるかを調査したところ、利用者はほとんどいないことがわかった」(Schiller)

 Apple関係者から、この件に関するそれ以上のコメントは得られなかった。

 Classic環境は、2001年のMac OS X登場に合わせて生まれたもので、Mac OS Xにネイティブ対応するよう書き換えられなかったプログラムを動かす目的で提供された。

 Intelチップへの移行は、OS 9のサポート終了につながるものだが、同OSの終焉についてはかなり前から予告されていたもので、たとえばJobsは2002年5月にすでにこのメッセージを開発者らに伝えていた。

 Appleは、Mac OS X発売後もしばらくは、OS 9搭載モデルの販売を続けていたが、これらは主に学校や一部の企業顧客向けの限定的なものだった。また、最近ではClassic環境を使うしかOS 9用プログラムを動かす方法がなくなっていた。

 ただし、Classic環境でプログラムを動かしているユーザが完全に取り残される心配はない。Appleは、今後2年間はPowerPC搭載マシンの販売を継続する予定で、少なくともその間はClassicアプリケーションを実行可能なマシンが買えることになる。
元記事はこちら
[PR]
by masatonet | 2005-07-15 19:09 | Macフリーカー
IBMは、エントリーレベルのサーバやPC向けに設計された2種類の新しいPowerPCプロセッサについて詳細を明らかにした。
 同社が発表した「PowerPC 970MP」は、G5プロセッサ搭載のMacintoshに採用されているPowerPC 970FXのデュアルコアバージョンにあたるもの。また同社はPowerPC 970FXの低消費電力バージョンをリリースすることも発表した。

 これら2つのチップに関する価格や発売日は明らかにされていない。なお両プロセッサの詳細は米国時間7日に東京で行われたイベントで発表された。

 PowerPC 970MPの設計で斬新なのは、2つの64ビットコアがそれぞれ専用の2次キャッシュメモリを1Mバイトずつ搭載している点だ。これにより、一方のチップの電源を切ってIBMが「doze(仮眠)」と呼ぶモードにしながら、もう一方のコアで作業が継続できるようになる。このテクニックは消費電力削減に役立ち、コンピュータの寿命も伸びると、IBMは説明している。なお同チップの動作速度は1.4GHzから2.5GHzとなる。

 Apple Computerの関係者は、同社がPowerPC 970MPを自社製品に採用するか、もしくは採用を検討するかどうかについてコメントを控えている。Appleは先ごろ、IBM製プロセッサの採用を中止し、今後はIntelチップをMacに搭載することを明らかにしていた。

 一方、低消費電力バージョンのPowerPC 970FXは、プリンタやデジタルビデオレコーダーへの搭載を念頭において考えられたもので、20ワット未満で動作しながら、動作速度は最高で2.7GHzとなる。

 IBMは、新プロセッサをさまざまな形で提供する計画であることを明らかにした。同社は、高性能ストレージデバイス、シングルボードコンピュータ、ネットワーク関連製品に加え、自社のBlue Gene/Lスーパーコンピュータのようなサーバクラスタでもこれらのチップを利用していくという。

 両プロセッサの発表は、IBMによるPower Architecture技術のプロモーションと関係している。同社はこれまで、IntelやAdvanced Micro Devices(AMD)が製造するx86ベースのシステムに代わるものとして同技術を位置づけようとしてきた元記事はこちら
[PR]
by masatonet | 2005-07-11 18:44 | Macフリーカー