私の手記- memoir -です


by masatokunkeio

<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

b0063673_9454688.jpg

(どらさじ+ より転載しました)


20年以上前に見たアニメで「妙に気になり続けていた」作品があった。
覚えていたのは次の5点。

1.首が長いジラフと呼ばれる乗組員が宇宙船に乗っているということ
2.変な球根を食べて頭がおかしくなること
3.カリンというかわいい女の子が出てくること
4.レーザーガンをオモチャにする村の子供からそれを奪い取り身を守ること
5.NECがスポンサーをやっていたこと

記憶がバラバラでいい加減だろう。しかし20年以上前に見たアニメにしては結構鮮明に覚えているので、故に気になり続けていたと言うわけだ。

早速ネットで調べると「宇宙船サジタリウス」という名前のアニメであった。

う〜ん、そんな名前だったかな。。。でも検索すると確かに首が長いジラフというキャラクターが登場している。早速全作品を見てみることにした。

見終わると、私の記憶が結構明確だったと分かった。
1.ジラフという学者肌の乗組員は始終登場している
2.第52話に出てくる「宇宙カコ」という名の麻薬であった
3.第53-54話に出てくる超音速で走ることが出来る114歳の女の子
4.第60話にそういうシーンがあった。
5.当時の番組スポンサーはNECだった
(以上ウィキペディアより)

なんだか長年引っかかっていたものがスルスルと取れたような爽快感があった。



全77回、各回28分程度のアニメーションだ。制作は日本アニメーション。
日本アニメーションの作品で今でも繰り返し見ているものといえば「未来少年コナン」だ。日本からイタリアへ向かう飛行機の中で第1話から第26話(最終話)まで一睡もせず見て同伴者を驚愕させたことは記憶に新しい。(流石にイタリアに着いたときは頭が少々ボーッとしていたが(笑))


トッピーというカバが主人公。関西弁をしゃべるラナというカエルがその仲間。
この辺りは「全く」覚えていなかった。
当然彼らが乗る宇宙船の名前が「サジタリウス」なんていうことも覚えていなかった。

回が進むとジラフが乗組員になり、婚約者のアン教授と結婚する。トッピーと妻ピートにリブとフェローという子が生まれる等々サイドストーリーもゆっくり進むがこのアニメ全体は極々平凡な3人、3世代(20代、30代、40代)の男たちを描いた苦悩物語だったのだ。子供向けにしてはディープすぎる内容だ。どうりでNECがスポンサー訳だ(笑)。

メッセージ性はかなり高い。各回30分弱なので、3回で1話という形を取っている。この宇宙船サジタリウスで毎回起こることをまとめると次の通りである。

テ・クジュペリの『星の王子様』、憲治の『銀河鉄道の夜』、松本零士の『銀河鉄道999』の設定に似ている。つまり

1.毎回、地球周辺にある様々な惑星に到着(というより漂着に近い)する。

2.それぞれの惑星で起こる時事問題・政治問題、時には恋愛問題に巻き込まれる。

3.毎回死にそうになる。

4.惑星の問題を解決し、教訓を得る。そして地球へ帰る。

全ストーリーの根底流れているのは日本のアニメで最も多く取り上げられている「友」「友情」の重要性だ。英雄的ドラマではなく、あくまで「協調」の重要性、それこそがもっとも大切だと毎回説く。全く「出る杭は打たれる」日本の教育システムは子供アニメにはっきり見て取れる。しかしドラえもん等のアニメによくある「安直に友達を助けよう! 喧嘩はいけない!」ムードとは違い、この「宇宙船サジタリウス」では「大人の男女間、夫婦間の複雑な問題」も描いている。カバのトッピー、カエルのラナ、キリンのジラフ。3人はいつも妻や子供、そして家庭、金銭問題に思い悩む。毎回様々な惑星で冒険するわけだが、危機に瀕すると3人とも「家庭問題」を回顧する場面が必ずある。やはり子供用アニメにしては重すぎる、と言うより子供には理解できないだろう。
[PR]
by masatonet | 2011-05-12 09:42 | ヒトリゴト日記

Operation TOMODACHI

b0063673_18225336.jpg

100カ国もの国から救援依頼が来て、膨大な救援物資が届いた。賛否両論あると思うが
今回の震災で日本を「当然」のように、かつ「桁外れ」に救助したのはやはり米軍だろう。
あの北朝鮮が1千万円の義援金を日本に送ったことも驚いたが、米軍の多大な救援は世界中に
「日米関係の結束力は最強である」と知らしめたに違いない。

もちろん、在日する米国人が多いからであるが、Operation TOMODACHIには全く驚いた。
b0063673_18225452.jpg

「友」という日の丸マークワッペンを付け、万単位の米軍がまるで自衛隊のように現地入りする姿は65年前敗戦し荒廃した日本で誰が想像できたであろうか。

オバマ大統領の鶴の一声で、まるで「有事」であるが如く、万という米軍が救援したようだ。また、小島のような原子力空母も動く。まさに一心同体。米軍の行動が早すぎで日本政府が対応しきれない事態すら起きた。

2発の原爆投下。そして戦後、安保問題でゴタゴタした。
小学時代「原爆教育」という名の「平和教育」を受けた世代として、このOperation TOMODACHIは21世紀の日米のあり方を深く考えさせる「作戦」であることは間違いなかった。

原爆を投下したパイロット達は米国では英雄である。

しかしそれから65年後、同じ国民が、そして大統領が、Operation TOMODACHIという作戦でかつて「放射能実験した日本」を助ける。

過去のことを水に流すことは大切であるが、なんとも複雑なことであると言えなくもない。
[PR]
by masatonet | 2011-05-11 18:40 | ヒトリゴト日記
b0063673_10155040.jpg


この風刺マンガ、国際英字紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューンで載ったもの。
こんな記事の記載を許した編集者は即刻首である。
この時期に誤解を招くような内容は却下すべきだ。
被災地の人たちのことを全く無視した極悪非道とも言える行為だ。

売れる記事のためにはなんでもする。
ネタすら作る。
こんなことを平気でする商業化されたマスコミはもはや廃れすべきである。
[PR]
by masatonet | 2011-05-10 10:22 | ヒトリゴト日記

次のシンデレラは誰だ

ロイヤルウエディングを見てつい感じたこと。

一市民と結婚した王子様物語は数多い。

大体、あの手のハッピーストーリーは結婚式でいつも話が終わっている。
(実際は残酷な結末であることが真実なのだが、大半の絵本や幼児書籍ではカットされている)
結婚式は目的ではなく、スタート地点であるのに、「結婚式が終点」という常識に欠いた内容を子供達へ擦り込む。まるで「大学入試合格が終点」という荒廃した日本の教育システムと変わりない。
この現実極めて腹立たしい。非常に遺憾である。

さておき、

今回は、かの「シンデレラ物語」とその後について考えてみることにしたい。
王子様と結婚したシンデレラ。その後、どうなったか考えてみると色々興味深い。

王子様は代々王家に生まれ育った。王族環境の中で市井とは違う価値観を持ちそこでシンデレラと出会う。朝から晩まで、着替えから入浴まで側近や従者に囲まれた生活の中で育った王子。それが王子の「普通」なのである。どこかに出かけるにしても良かれ悪しかれ放っておいてもらえない。

シンデレラは貧しい家に生まれ育った。3姉妹の末でいつも貧乏くじを引いていた。苦労の数は人一倍多い。当然、貧しい環境で暮らして行くための知恵は多く持っていた。誰からも注目されない。いつも独りぼっち。家族にすら蔑ろにされている。それがシンデレラの「普通」なのだ。どこに行こうが誰も気づかない、誰も知ろうとしない。
そうして王子と会う。


王家に嫁いだシンデレラ。まさに多く女性が望む「白馬に乗った王子が迎えに来た」わけである。


いきなり始まった王宮での生活。王族達との社交。気高い気質を持つ人々。
知ったかぶりをするほど下品な性格は持っていない。かりに知ったかぶりをしようにも、貧しい生まれのシンデレラにとって生まれて初めてのことばかり。

たちまち、王子側近たちとの不調和に悩み始める。それもそのはず。生活環境に適応しようにも違いが大きすぎてどうにもならない。王子に相談しようにもどう伝えればよいのか分からない。シンデレラは全く「孤立」してしまい、日々塞ぎ込むようになる。
その異変に気づいた王子。ゆっくり2人で話をしたい。しかし不幸にも王子はシンデレラの心境など理解できるわけがない。順境で育ったものは逆境で育ったものの理解など出来ないことは何千年も前から宗教が教えている。その逆もまたしかりである。王子も国事でなにかと多忙。ゆっくり話も出来ない。その間にシンデレラはどんどん沈んで行く。


ここまで「シンデレラ物語」を考えてきて、ふと日本の皇太子の言葉を思い出した。

「雅子は私が守ります」

守る?! 
戦争でもするの? 
誰から守るの?


人は夢の世界だけで「シンデレラの幸せ」を想像できる。
そしてそれにあこがれ、自分にも起こらないものかと日々想像する。
実際、それが起こった人を見てうらやむ。嫉妬する。まるでクジが大当たりした人を見るように。
その白羽の矢が立った人が不幸になるよう祈り始める人すらある。人間とは恐ろしい存在だ。いや、「死すべき存在」はそういう性(さが)をもってこそ「死すべき存在」なのだろう。

独身時、多くのファンをもつ芸能人が結婚する。するとそのファン達は「幸せになって!」なんて応援しつつ、その芸能人が離婚することを切に願うようになる。そう、その芸能人の夫、妻たるべき人間は自分に決まっている。そう真剣に思う「気ちがいじみた恋愛感情」こそファンの本心だ。
気味が悪いほど本音と建て前を極めて上手に使い分ける。みな社会の中で生きているから本音を言えない。


かつてダイアナ妃が事故にあったとき、彼女は集まってきた人たちに向かって何と言っていたか。

「私を放っておいて! 私に構わないで!」

この言葉、なぜかここで私が言いたいこと全てを物語っているように思われてならない。
[PR]
by masatonet | 2011-05-10 09:51 | ヒトリゴト日記