私の手記- memoir -です


by masatokunkeio

<   2015年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

試乗を2回に分けて、日中と夜間にやってみた。
走り。もう出だしから違う。いわゆる「プリウス」ではない。粋なエコスポーツカーにダイナミックに変身してしまったようだ。モッサリした感じは一掃された。先代までのプリウスとは別の車になってしまった。そう「しまった」という表現が適切なのだ。
穏やかなのんびりした「エコしましょ」という雰囲気が充満したプリウスというイメージ。それはほとんどなくなった。「運転する車」への第一歩。目的が運転そのものになっても大丈夫そうな、そんな感じである。
「ヒトやモノを運ぶ車」
から
「ヒトがモノを運ぶクルマ」へ進化した。
私が言いたいポイントは新型プリウスは「主語」を作ってくれそうな車なのだ。その「主語」とはヒトであり、それはつまりドライバーである。
「車」が隠れた主語、いや「メーカー」が隠れた主語になることほど不幸で寂しいことはない。国産車は性能はいいのだが、ヒトが主語になりにくい。外国車、特にドイツ車と付き合うと、ドライバーの主体性を考えさせられることが多かった。確かに車内居住性は国産車に比べると劣るが、ドライバーあっての車であることを常に主張してくる、それが筆者の知るドイツ車だ。

ヒトとクルマのあり方に「このクラス」の車が新しいコンセプトと共に挑む。いや「このクラス」だから出来るのかもしれない。メルセデスであっても、AクラスだろうがSクラスだろうがコンセプトが一貫している。ドライバー主体である。日本車でしかも最大手のTOYOTAがTNGAという新コンセプトと共にそれを始めたことにまず拍手を送りたい。また同時にTNGA第1号機としての新型プリウスがまさに成功したことを喜びたい。この調子でクラウンやハリヤーなどといった同社のクルマに近い将来「主語を与える21世紀のトヨタ車」としての冠を授けてほしいものだ。

カタログにあった「ボタンからジッパーへ」は実にうまい例えだ。洋服でもボタンホックだとグラグラするがジッパーだとしっかり止まる。足回りがかなり違っている。
カーブでも、先代までは路上を滑っていくような心許なさがあったが、新型は地面をしっかりホールドしている。ハンドリングが明白に違う。当然なことだが、カーブを曲がってるという感覚がハンドルから伝わってくるのが新型であり、先代まではカーブの曲がりを体で感じているという感じだった。

また、メルセデスの安全性能に正面から挑む姿勢。ベース車価格200万円台でどれだけセイフティセンサー搭載のアピールが出来るのか。
まずバックミラーに搭載された「ブラインドスポットモニター(BSM)」が実によく反応する。車線変更等ミラーに目を向けるとピカピカとランプが点灯する。夜の走行ではかなり重宝することは必至だが、日中でも非常に便利だ。

車内の静寂さも先代とは比べ物にならない。まあこの点は先代がまるでダメだったので比較の対象が悪いことは否めないが、メルセデスにあるような気密感こそはないものの、ドアの閉まる音などはクラスを超えた良い感触がある。言うまでもないが高級車のようなドアの演出ではない。先代の「ベコン」というドア音から「ボム」というまとまった音に変化した程度だが、プリウスという車重と燃費の関係が厳しいクルマによくここまでドア音のチューニングができたなと思わずニンマリしてしまった。


残念な点は、やはり想像通りだが、デザインが良くなった点と相反するのだが、後部座席のドアが狭いことだ。一端車内に入れば後部座席そのものは狭さを全く感じさせないのは実に素晴らしいのだが、乗るまでが少し狭い。ただこれも慣れの問題だろう。座席そのものは先代とは大きく違って、シートに包まれる感じに好感が持てる。運転席、助手席はシートヒーター付きなので冬でもホカホカである。このシートに包まれる感じはスポーツ車に多い演出だが、今回新型プリウスで、まさかそれを感じるとは驚きだった。

また車内はセンターコンソール周辺の「ホワイト加飾」には賛否あるだろうが、個人的にはそれほど違和感はなかった。ダッシュボードが気さくなデザインなのはまあプリウスらしいのだが、グローブボックスとサイバイザーがすこしちゃっちいのが残念だった。特にサンバイザーの安っぽさには閉口した。まあプリウスだから、気楽さを優先しようと。。。(笑)

祖父と幼児期から新車を選び続けて、子供の頃からチェックしてきた重要ポイントに

1、ダッシュボードの質感。
2、グローブボックスがオープン時に「スー」と音無しに開くかどうか。
3、運転席と助手席の間にあるセンターボックスの蓋を閉めた時の音の質感。
4、シフトレバーとダッシュボードの統一性が上品か。

等々。
この辺りはプリウスクラスの車には求めてはいけないと思っている。
逆手をとって、この辺りを無視することで、「気楽」にクルマと向かう演出も可能だろう。

[PR]
by masatonet | 2015-12-22 20:51 | ヒトリゴト日記
筆者がプリウスと縁が出来たのはかれこれ5年前。家宝だったメルセデスが年代物だったこともあり、いやいまだに筆者の夢には出てくる名車だったのだが、友人知人の反対を押し切って!?(笑)、なんとメルセデスからエコカーの金十字であるプリウス(3代目)に乗り換えたのが、そもそも事の始まり。

エコカー減税なるものがあって、政府が何十万円か補助金を支給してくれる。まあ、この政略にマンマと引っ掛かった訳?!である。

さて、メイド イン ウエストジャーマニーのメルセデスからプリウスに乗換えて、
1、修理代がゼロになった(笑)
2、ガソリン代が5分の1になった。
3、「ベンツなんか乗っていやがる」という馬鹿げた嫉妬を一切受けなくなった(爆)。
4、外車ユーザーという重荷を27年ぶりに降ろすことができた。
5、軽自動車ドライバーからの明白な「外車コンプレックス」という名の嫌がらせを受けなくなった。

と、まあ良いことばかり(冗談)ではない。長年メルセデスに乗ってきた我が家の「ふつう」が今や「ふつう」でなくなった訳である。

1、プリウスに同乗した家人は「ねえ、どこか窓が開いているの?」と毎度尋ねるほど、車内の遮音性が悪い
2、高速走行は、まるで飛行機が離陸するかの様に、車体が浮かび上がる感じがあって、極めて恐ろしい。つまりプリウスは時速100キロ以上は出してはいけない、大日本警察連中が喜びそうな車である。
3、ドアを閉める時、メルセデスみたく閉めると、壊れるのではないかと思えるほど「ベコン」というオモチャのような音がする。家人曰く「まるで折り紙みたいに閉めないとね」は決して冗談でも嫌味でもない。
4、ハンドルが、う〜ん(笑)。長時間持っていると、なんだか疲れてくる。
5、(これは決定的なことだが)運転が全く楽しくなくなった。

と、まあ、じゃあなんでプリウスなんかに乗換えたのかい!なんて言われそうだが、そもそも「21世紀に間に合いました」というキャッチフレーズでデビューした初代プリウスから筆者は気にしていたのだから仕方がない。

その初代プリウスデビュー後1、2年後に知人が購入。自慢をかねて我が家に乗ってきたのが、昨日のようだ。
「へえ〜、発電しながら走るんだ」
「モーターも使って走るから燃費が良さそうだね」
「排気ガスがドンドン出て環境破壊に繋がりにくいのは良いね」
等々、すっかりプリウスエコ思考に汚染(笑)されてしまったのである。

その後、メルセデスの車窓からプリウスを見かける度に
「お、プリウスだ。エコしてるなぁ」なんて羨む!?毎日を送っていた訳であるが、数年後そのプリウスを遂に試乗した。無理をお願いして高速試乗もして、その時「こりゃ、いかんな」と思ったことも事実。しかしアバタもエクボ。惚れたら最後。一年近く待たされてシルバー色のプリウス(3代目)が我が家にやって来た。

その後は、トヨタの「うれCプラン」とやらに踊らされ続けて、プリウスからプリウスαへ初回の車検を受ける前に乗換えて、遂に今回「エロい」という噂の新型プリウス(4代目)に乗り換えることになった。当然今乗っているプリウスαは初回の車検を受けていないし、まだ走行距離15000キロ程度という家人友人が言うところの「新車同様」である。

しかも、である。
車検が来年の4月。今回6年ぶりのフルモデルチェンジであるエロいプリウスの発表日が12月。発表されてから注文なんかしていたら車検までに乗り換えることができない。。。。いやいや今のプリウスα、まだまだ乗っても良いんだけど。。。。いや、車検代が掛かりますし、折角の新型。。。。その車検代って、結局いくら?。。。。結構かかりますよ。。。だから、いくらなの?(笑)・・・。。。え、えっと8万。。。

とまあ、こんな会話を営業マンとし続けて、気がつくと、書斎机の上に「新車注文書」が置かれてあった。。。いや、別に営業マンの話に乗った訳ではない。

車大好きの祖父に幼児期から新車購入時にいつも手をつないで販売店に行っていた私である。祖父はなんでも1年度に買い替えていたような(爆)「オンナを変えるようなモンだ」という感じか。

まあ、その辺は今ここで話すのは止めておきたい。

新車を買う前には祖父と一緒に試乗をさせてもらう。場合によっては数回試乗させてもらう。そして念入りにカタログをチェックする。それらがまた楽しい訳である。それを何十回も今までやって来た。

そんな筆者が、今回のエロいプリウスを
試乗もせず
カタログも見ず、見ることが出来ず
注文したのである。

チラッと見たのは、営業マン専用のセールス販促カタログだけである。
ネット上の情報もほとんどない。
知ったかぶりが何人か、反プリウス運動を起している記事がある程度で全く参考にならない。


しかし、実は見せてもらった営業マン専用のセールスカタログに載っていたセールスポイントの文章に気になる点が色々あった。実際それで購入に踏み切ったと言っても過言ではない。

幼児期から祖父に車の買い方を習ってきた私が、気にした点は次のところである。

ドアの閉める音を工夫しました。
座席を工夫しました。
車内の遮音性を高めました。(外車との比較表付き)
車高を低くして「運転して楽しい車」を目指しました。


これは「恐らく」冗談ではないだろう。
メルセデスを長年乗ってきてプリウスに変えた時、一番残念だった点を全て、しかも一度に「なんとかしよう」としているトヨタの姿勢。このTNGAとかいうコンセプトは伊達じゃなさそう。

そう感じたのだ。

運転して楽しい。
これは外国車のユーザーなら誰でも分かってもらえる「常識」だ。しかしトヨタの車にはそれがない。クラウンは乗り心地、遮音性等々抜群であることは周知の事実だが、運転して楽しいかと言われると、残念ながらとなってしまう。

今でも思う。
メルセデスは運転して楽しい車だったと。
つまりそれが良い車の根底である。

プリウスにそれを求めようとしているトヨタは、なにかあるな。なにかを始めようとしているな。

それが試乗せずに注文した筆者の理由である。

エロい新型プリウス。
我が家に来るのは2016年2月だ。

[PR]
by masatonet | 2015-12-18 17:59 | ヒトリゴト日記

ME PAD PRO

iPadpro128gbがやって来た。
b0063673_17492412.jpeg
キーボードとペンを合わせておよそ14万円仕事だ。Apple純正で周辺を固めるとどうしても価格が上がり続ける。AppleIIの時代からこの点は全く変わっていない。
いつも、と言うか、Appleにはここ30年来多額に注ぎ込んでいるのだ(笑)。PowerMacG4 500dualには35万円、続いてG5quadには40万円近くかけている。ファッションのG4Cubeは中古で10万、そして22インチのシネマディスプレイ単体に20万円強と夢をかけたし、、、と実際きりがない。PowerbookG3にはトータルで100万以上も注ぎ込んでいる。作曲家松本氏曰く「Macには300万以上もつぎこんだ」も決して他人事ではない。
したがって、時代も時代だから、メイン機を絞り、読書と音楽鑑賞の日常をクリエートするためにパソコンには何十万円もかけない方針で進めようと思っていた矢先のiPadpro発表である。ジョブズが生きていたらApplePencilなんて作ったかどうかはわからないが、とにかく面白い。絵を描きたくなるツールが現れたというわけだ。かのNewtonみたく使ってみたいクールなツールにめっきり弱いのは四〇十歳になってもかわらない。
今回はメイン機ともいうべきMac本体にかなり倹約を図った。
ディスプレイは激安の1万円台、Macはここ5年以上お付き合いしたiMacをサブに格下げし、新たにMacminiを導入。実際このiPadproとMacのiTunesライブラリを同期させることが中心なのでハイスペックは要求しなかった。WoWのようなMMOももうやる事はないだろうし。
さて、Macminiは噂通り「遅い」。Finderアクション、例えばファイルのコピーや各アプリの起動等々は遅いを通り過ぎて「瞑想」する時間を与えられたみたくゆったりと動く。まさにロースペックの象徴だ。まあiPadproが今やメイン機なので液晶表示解像度にしても作業スピードにしても三流で構わないわけだが。
さて、購入してから今の所iPad proではPlants vs ZOMBIES 2ばかりやっている(笑)が、まあボチボチいろいろな事で使って行こう。専用のカバー一体型キーボードUSも意外と使いやすい(今この文章を打っている)、実際長年G5quad時代からiMacにかけてすべてUSキーボードを使っているからUSキーボードの配置が手に馴染んでいるとも言えるのだが。

フル充電後一定の確率でフリーズするいわゆる「フリーズ死」が騒がれているが、実際このiPadproでも多発している。機内モードにすると回避出来るという噂もあり、実行してみたがやはり駄目であった。ファームウエアかiOSのアップデートを待つしかない。もし本体の異常なら、返品交換でも構わないが、また時間がかかるのが焦ったくなる。フル充電するのが怖い今日この頃だが、早速のiOS9.1のアップデートで解消されたことを喜びたい。まあproを買うようなコアなAppleユーザーの意見にいち早く対応した、iPhone販売2億台の調子に乗りまくりのAppleの対応としては良い線いっていると言える。私のような往年のユーザーにも嬉しい対応であることは間違いない。

ApplePencilは結構面白い。筆圧も想像以上に表現できる。いわゆる3Dtouchという技術らしいがまだまだ発展途上だろう。若干ラグがある様にも思える。描画力はかなり良い線いっていると感じる。ライバルのMicrosoftのSurfaceproの方がパソコンの出来としては上だろうが、長年温め続けている「電子機器にはクールさが必要」という仁人メインテーマが削がれてしまうので、どうしても不便で高く付くApple派に属さざるを得ない。
b0063673_17484133.jpeg
iOS9とiPadproの12インチの広大な画面で本領を発揮する2画面分割は想像通りにクリエイティブな作業で効果抜群だ。いちいちアプリを切り換えなくても同時に使えることはMacOSやパソコンOSなら当然出来ることだが、iOSでは出来なかった。パソコン難民とも言うべき2015年代の10代20代には分からないだろうが、マルチタスクは1画面内にウィンドウを複数表示して始めて効率的なのである。いちいちアプリを一つ一つ切り換えて使っている様では頭の中のアイディアがバラバラになるようなものなのだ。

意外に驚いたのは4スピーカーの威力だ。現物を見ずApple Storeに注文したので少々勇気が必要だったが、映画などはかなりの臨場感溢れるサウンドを演出してくれる。音楽好きだったジョブズが喜びそうな4スピーカーシステムだ。内臓のiTunesのWAV音楽再生も低音こそは期待できないが300万円クラスのイタリア製のスピーカーを日々使う者としても及第点を与えられるサウンドクォリティであると言える。

大きさは確実にノートパソコンだ。タブレットの大きさではない。財布と一緒に気軽に持ち運ぼうという訳には決していかない。iPhoneやiPadminiがギリギリ。胸ポケットにはいる名刺サイズカメラと一眼レフカメラの違いくらいは確実にある。実際私は愛機NikonD3sを入れていた一眼レフカメラ用のバックにiPadproをいれて母と喫茶店へ行っているくらいである(笑)。
b0063673_17502524.jpeg
オプションの専用キーボードの出来は良いと思う。キータッチも悪くない。少なくともタブレット画面をタッチしてキー入力をする事ほど鬱陶しいものはない。ミスタッチの嵐であって、まさにヴィパッサナーが必要になるほどイライラしてしまう。物理キーボードだとミスタッチは皆無である。反応も早いし、言うことはない。ただこのキーボードカバーをつけたままiPadproで写真撮影をするのはかなり難しい。proの下に重いキーボードが「ブラー」とぶら下げたままで写真を撮影しないといけなくなる。また喫茶店などの出先だと、膝の上に置いて気軽に使えないという点で、今日、通常のカバーをApple Storeに注文したわけである。タブレットとして気軽に使うだけなら専用キーボードは自宅に置いておいても良いし、カバンの中に入れて必要に応じて付け替えるという手もある。この点はノートパソコンとは違い、キーボードが着脱可能なのはかなり小回りが利く。

早速今日、専用のカバー(スマートカバー)が届いた。キーボードよりも軽いしタブレットして使うだけならこれで十分。写真を撮るだけなら、あるいはApplePencilを使うだけなら、このカバーだけでのほうが持ち歩きやすい。実際はキーボードカバーと比較すると本体の安定性に欠けるが、スマートカバーが薄く作られているので画面の保護としては十分に用が足りている訳である。 iPadAirやminiなどのカバーもこの形式なので開け閉めが楽でもある。

自宅にいるときはやはりキーボードカバーを付けたままにしておきたい。文章入力がかなり楽であるし、ブラックなノートパソコンが自分の机の上にスマートに薄く置いてあるのはインテリア的に見てもかなり格好が良い。


初代iPadからは数段の進歩。
proを使うようになってから、今までのiPadの画面が異常に小さく感じるようになった。まったく贅沢は直ぐに身に染みてしまうようだ。Retinaディスプレイの効果は予想以上で画面が実に見やすい。文字なども極めて滑らかで、読み続けて苦にならない。iPad Airの画面サイズも初代iPadと同じ9.7インチ。これがproになると13インチになり約3インチ(7.6センチ)の違いは想像以上に大きいことがわかる。
重さも初代と同じなので、はっきり言って「重い」ことこの上ないが、比較する対象が初代なので、この重い重量もさほど気にならない。この点は、かれこれ5年も初代iPadを使い込んだ腕力に感謝できる。

唯一、まあ仕方がないかもしれないが、初代に負けてしまう性能と言えば、バッテリーの持ちだ。初代iPadは、5年経った現在でも全く劣化していないようだが、バッテリーが信じられないくらい持つ。ユーザーであれば知っているが、本当に信じられないくらい。一日中動画を見ていてもひょっとして行けるかもしれない。初代のバッテリーの持ちは驚異だ。それに比べると、iPad proは持ちが悪い。内臓のCPU・GPUや液晶の高解像度表示等々がバッテリーをかなり消費していることは否めない。


通常のiPadがオモチャみたいに見える。
店頭に置いてあるiPad Air等は、小さすぎてオモチャに見えてしまう。iPad Airでも決して小さいタブレットではない。女性が持つには明らかに不釣り合いなサイズだ。まして茶髪ギャルが茶店でiPad AirやiPad proを使っていたら「かなりの強者」という印象を周りに与えるだろう。えっ!?こんな小さいのを使っているの??と不思議に思えてくるから困ったものだ(笑)。iPad miniに至ってはproの二分の一サイズ。これならiPhone plusでいんじゃないと思えてくる。画面は大きくないとダメだ。

iOSアプリを中心としてゲーム、そして文章編集程度なら間違いなくiPad Airあるいはproという選択肢になる。同時にApple Pencilはなかなか面白いガジェットだ。一本1万円ちょっとという値段もさることながら、適度な重さが質感の良さを指先に与えてくる。注文して一ヶ月以上も待たせるとはAppleも相変わらずの「プレミア戦法」なのだろうか。

[PR]
by masatonet | 2015-12-18 17:50 | Macフリーカー