私の手記- memoir -です


by masatokunkeio

アップルがiフォンを始めた理由とは? 〜大前研一ニュースの視点〜より抜粋

アップルが「iフォン」を始めた理由とは?

2月21日、「iフォン」の登録商標を侵害されたとして
米シスコシステムズがアップルを訴えていた問題で、
和解したと発表しました。

両社とも「iフォン」の名称を自社製品に自由に利用できる
ようになり、相互の製品に互換性を持たせることも
検討するという方向性とのことです。

両社が「iフォン」を使えるといっても、将来的には、
使い勝手やデザインで若者を魅了するアップル製品が
「iフォン」としての地位を確立するのは、ほぼ間違いない
でしょう。

シスコのジョン・チェンバース氏も、訴訟を起こしたはいいが、
相当バッシングを受けた上での方針転換だと思われます。

今や、アメリカにおいて、スティーブ・ジョブズ氏は
ある意味、神格化された存在になってきましたから、
致し方ないといったところでしょう。

さて、そのスティーブ・ジョブズ氏が、
今なぜ「iフォン」という分野に乗り出してきているのか?
この流れを見逃してはいけません。

スティーブ・ジョブズ氏が「iフォン」に進出する背景は、
日本でも着実に露呈してきています。

ネットレイティングス社の調査によると、家庭のPCによる
Web利用者の年齢別構成比は、00年4月から06年3月までの間に、
20歳代の利用割合が劇的に減少しています。

※「Web利用者全体の年齢構成比の推移」
 チャートを見る
→ http://www.lt-empower.com/mag2/konews/070302.html

         00/4 06/3
■19歳以下 : 17.3% → 20.9%
□20歳代  : 23.6% → 11.9%
■30歳代  : 27.0% → 24.0%
■40歳代  : 19.5% → 24.0%
■50歳代  :  8.9% → 11.8%
■60歳以上 :  3.8% →  7.4%

出所:データクロニクル2006・ファクトシート
  (ネットレイティングス社)

この理由は、大きく2つ考えられると思います。

1つは、数年前まで、インターネットがまだ家庭に
普及していなかったので、利用者のほとんどが20代・30代で
あり、構成比としてみると、過去の数値が高すぎる数値だった
ということです。

もう1つは、世代が移行したことで、20代という
 世代の人たちの性質が変わってきたからだと私は思います。

かつての20代→30代、30代→40代というような
移行としてみれば、現在も30代と40代で、全体の半数弱の
割合になっていますから、それほど大きなブレはないと
見ていいでしょう。

とすると、今の20代の人たちは、かつての10代の人たち
だということです。

この年代の人は、家に固定電話も引いていなければ、
パソコンも持っていないという人たちです。

電話機能もWeb機能も、携帯電話1つで対応する世代なのです。

おそらく、スティーブ・ジョブズ氏が「iフォン」で
 携帯業界へ参入するのも、こういった背景を
 意識しているでしょう。

あのアップルでさえ、今後の若者はパソコンを使わない
かもしれないという予測をして動いているということです。

この業界は、これからまさに戦場のような激しい戦いに
なることは間違いないと思います。

                       以上
[PR]
by masatonet | 2007-03-07 20:45 | 掲示板